『とりつくしま』東直子

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 22:13

JUGEMテーマ:読書

ぼつぼつと、ここ一年に読んだ本のことどもなど。

 

昨年の五月に読んだ東直子の『とりつくしま』。とてもよい本だった。じんわりしみじみ。思わぬことであの世に来てしまい、俗世に未練がある人たちの前に現れる、とりつくしま係。とりつくしまを探している人を一目で見分け「何にとりつきますか?」と問うてくる。ただしとりつけるのは、モノ(無生物)に限るのだ。野球をがんばっている息子のロージンバッグになるお母さん。息子の成長をマウンド横で見届けながら、最後は消えて(消費されて)いく。夫のマグカップになる妻、恩師の扇子になって夏の間だけ、そばにいて風を送る教え子。マッサージの椅子になるお父さん、憧れの図書館員のネーム札になるホームレス。母親の補聴器になる娘。青いジャングルジムになる小さな男の子。実に様々な人が様々なモノにとりつく。どちらかというと、切ない中にも、ああよかったとほっこりできるお話が多い。が、母親の補聴器になった娘さんの話なんぞは、実に苦い悲しみが残る。

 

どのお話も、個性描写が実にうまい。人を深く見る目の確かさ、あたたかさ。文章もしっとりして美しい。東さんは歌人だと聞いて、納得。ひとつひとつの言葉の選び方がぴたっとはまっている。それぞれのお話の主人公の人生のひとかけらが描かれているだけなのに、その余白にその人の人生がふんわりとふくらんでいく。

 

余談だけど、夫のマグカップにとりつく彼女は、夜、ピルクルが飲みたくなってコンビニに向かっている途中に事故に遭う設定だった。実は私ピルクルを知らなかった。ピルクルって何?ピルクルってどんな飲み物?と頭でピルクルがぐるぐるしていたとき、ものすごいタイミングで、ある方からピルクルをもらって、それはそれは驚いた。生まれて初めて飲むピルクルがこのタイミングで来るのか……。念じれば通じる?じゃ、当選した宝くじでも頭の中でぐるぐるさせてみようか、などとつまらない妄想がふくらむ梅雨入り前。

 

 

芭蕉の花と若冲と

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 15:09

芭蕉の花というのを、初めて見た。

 

山陰は茶道が盛んなようで和菓子屋さんも多い。先日、抹茶ではなくて煎茶を点てる煎茶道のお点前を初めて拝見する機会があった。水車の板に載せられたお道具、お香立てもあり、一本の香がちょうどお点前が終わるころに尽きるようになっていた。床の間には、書が掛けてあり、花は芭蕉の花が横たわるように飾られている。大きな実のようなエキゾチックな風貌だったけれど、活け方がすてきでその場にとてもマッチしていた。水車の板の上には、なんとも可憐な姫沙羅も活けられていて、その対比も面白い。

 芭蕉の花 

 

 

 

 

 

 

 

 (芭蕉の花)
 

芭蕉といえば、と思い出したのが相国寺の承天閣美術館で見た若冲の「月夜芭蕉図」。

 

img_4.jpg

 

この絵の前に立ったときに感じた、なんとも言えないし〜んとした静けさを思い出した。

月の持ついささか寂しい感じと白々とした月光に照らされるあたたかさの両方を感じ、絵の世界に吸い込まれてしまいそうで、しばらく絵の前から動けなかった。芭蕉ってなんとなく南国風で風情なんてあるのかなあと思っていた認識がすっかりくつがえされた。

あの芭蕉の、花が、これなんだなあ。これまで、月の満ち欠けなどほとんど心をとめずに生きてきたけれど、電気のない時代、月夜の美しさはどれほど心に沁み込んだことだろう。

 

澤田瞳子の小説『若冲』にも、この芭蕉が出てくるシーンがある。はっとするほど効果的に登場し、とても心に残っている。

 

芭蕉の花から、様々な思いを巡らせる五月の楽しみ、風流とはかけ離れたばたばたの日々にしばしうるおいをいただきました。

評価:
澤田 瞳子
文藝春秋
¥ 1,728
(2015-04-22)

『SOME OTHER TIME』BILL EVANS

  • 2018.05.14 Monday
  • 22:04

JUGEMテーマ:音楽

 

JAZZのことはさっぱり詳しくないのですが、ビル・エヴァンスの幻の録音がすごいと友人が聴かせてくれました。このアルバム、躍動感あふれる演奏がなんともいえず素敵、聴いててワクワクします。

 

最初にビル・エヴァンスの演奏に接したのは、20歳くらいの時。スウェーデンの歌姫モニカ・セッテルンドの『Waltz for Debby』を聴いたのが初めてでした。これがとても好きで繰り返し聴いていました。モニカのしっとりした哀調を帯びた声と、ビル・エヴァンスのリリカルでなおかつ情感あふれるピアノ。タイトル曲にもなっている『Some Other Time』もいつの間にか耳になじんでいました。

 

 

しかし、ふだんはついついCD聴きながらあれこれしちゃうもので(今も……、笑)ある夜、じっくり聴いてみようとこのアルバムに耳を傾けていたときのこと、最後に『Some Other Time』が始まった瞬間ぞぞぞぞっとしました。なんでしょう、このイントロの美しさ。この上ない詩情。ビル・エヴァンスのピアノが雨の雫のように、静かにこぼれて、エディ・ゴメスとジャック・ディジョネットの紡ぐ音が、宝物をくるむように優しく寄り添う……。聴いているうちに涙がこぼれてとまんなくなりました。年とって涙腺ゆるみがちではありますがCD聴いてて涙が出るなんて久しぶり。50年前の演奏をこうやって聴けるしあわせを思ったことでした。

で、びっくりしたのですが、これってバーンスタインが作った曲なのですね。知らなかった。

Youtubeには、バーンスタイン自身がピアノを弾いている『Some Other Time』がありました。途中バーンスタイン自身も歌ってます。声、渋いなあ。

 

実は4月に父を亡くし、ちょっとめげています。陽気で音楽好きだった父との思い出はいろいろあって、思い出すとその不在がよけいに身にしみてきたりします。

 

葬儀から戻ってしばらく、この曲をぼーっと聴いていました。不思議に心が安らぐのです。以前、大阪のシンフォニーホールでのコンサートに両親を招待したとき、環状線の大阪駅で父とはぐれた話は以前に書いたかな。さんざん探してへとへとになり、仕方なくシンフォニーホールに行ったら、ちゃっかり先にコンサートホールに到着していた父。『Some Other Time』またいつかどこかで「なあんだ、先に来てたのね」と笑って言えるといいなと思うのです。

  • 2018.03.12 Monday
  • 22:05

JUGEMテーマ:日記・一般

積雪の多かった鳥取の冬、ようやく本格的に春らしくなってきました。

晴れ空に誘われて、ちょっと自転車で川沿いへ。

川土手には、菜花、土筆、オオイヌノフグリ!

春霞か、山脈はおぼろげに。

 

IMG_2226.JPG

菜花は、さっそく食卓でお吸い物に。

IMG_2244.JPG

春霞ですねえ。PM2.5だかが飛んでないとよいのですけど。

IMG_2227.JPG

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

Paganini: Duos
Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Musical Soirée at Ainola
Musical Soirée at Ainola (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Heini Kärkkäinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Bach: Violin Concertos
Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

recommend

recommend

recommend

Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD]
Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD] (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Pekka Kuusisto,Tapiola Sinfonietta

recommend

Prokofiev;Violin Sonatas
Prokofiev;Violin Sonatas (JUGEMレビュー »)
Sergey Prokofiev, Ilkka Paananen, Raija Kerppo, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM