Blue lagoon

Phoebe's music life
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

天草の旅

先日、思わぬ休みがとれたので、たまたま読んでいた小山薫堂さんの旅の記事に触発され、天草へ出かけてきました。ふだん平日休みなので混雑というものをあまり知らないわたくし。GWをちょっとなめてました。朝のんびり出かけたら口之津港でフェリー二便待ち。ようやく天草に着いて、小山さんおすすめのたなか畜産に着いたのですが、ここでも一時間待ち。まあ、これも旅の楽しみと新緑の中を悠々およぐ鯉のぼりを眺め、足下のシロツメクサの中の四葉を探し。たら、なんとすぐ四葉発見!

ようやくお昼にありついたのは2時半すぎ。しかし腹ぺこをがまんした甲斐がありました。焼き肉美味しかったです。
たなか
満腹のお腹を抱えて、二江へ移動。イルカウォッチングの船に乗り込みました。
青い空、青い海、風。それだけで気分爽快。イルカもごく近くまで寄ってきてくれ、最後には大ジャンプも披露してくれました。野生だし、えさをやるわけでもないのですがちゃんと出てきてくれるのですねえ。
その後、天草の西海岸をのんびり2時間かけて民宿へ。夕日にはちょっと早いですが、きれいでした。
宿は、一泊二食7500円という破格値で、夕食は絶品お刺身にあらかぶの煮付け、天ぷら、そこまでいただいてさすがに食べられなくなり、大きな鯛の塩焼きはいただいて持って帰りました。塩加減すばらしかったなあ。
半年分くらいの贅沢を一日で食してしまった感じですねえ。
翌日は、ひたすら陸路を走ります。天草下島から上島へ、そして天草五橋を渡り、熊本経由で帰ってきました。
下島の深海町から本渡へ向かう途中、宮岳町のかかしまつりに遭遇。これがまたとっても楽しくて素晴らしかったのです。

広場はかかし運動会。
赤組応援団長、気合いはいってます。
元PTA会長はたこ持って走り、その向こうでは審査員と来賓がわいわいがやがや。
むこうのほうでは、何か運ぶ人あり。
イノシシも出た〜〜。
おお、こちらは秋祭り、鞍馬天狗の紙芝居に子どもたち大喜び。
秋祭りの神輿行列、楽しそうじゃありませんか。
ひと日の疲れはお風呂でいやしましょう。
ほかにも、いっぱい楽しいかかしがいて、全部でどれくらいあったでしょうか。何百という数だったなあ。かかしは、町の人が一年がかりで作るそうです。元校長先生で能面を作る方が中心になって指導されているのだとか。それぞれのかかしの表情がなんともいえず生き生きしてて、見てるこちらも楽しくなってしまいました〜。きっと作ってる人も楽しんで作っているはず。そうでないとこんな楽しいかかしまつり、できませんよね。最高に楽しませていただきました。感謝!

| 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

京都の春

 今さらですが、4月の京都訪問の覚え書き。ほんの数時間でしたが、なかなか濃い時間でした。

2月のメルタネンのコンサートで知り合った京都在住のLucyさんがコーディネートしてくださり、祇園の津田楼でランチをご一緒させていただいた。
その後、念願の祇園をちょこっと散策。なぜかこの辺りって歩いたことなかったのです。
枝垂れ桜がきれい。
かの有名な、吉井勇の「かにかくに」
結婚式の前撮りでしょうか。幸せそうなお二人。
枕の下を流れてたのはこのお水なんですねえ。
そして、駆け足で、宮川町の演舞場で京おどりを。
舞妓さん、芸妓さんの艶やかで華やかな舞台を堪能。ただ、その日朝4時起きで佐世保を出発したため、途中眠気におそわれてしまって(汗。
後ろ姿もかわいおすなあ。

いささか弾丸ツアー気味ではありましたが、いい日でした。
Lucyさんに感謝。

| 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

高松探訪〜夏の思い出 2

生まれ故郷の高松の街だけれど、住人だったのは18歳までだから、ほとんど知らないに等しい。

今回、一番驚いたのは、実家から徒歩5分の蜂穴神社。こ、こんなものがあったとは。しかも子供のころの遊びまくったはずの八幡神社の、すぐ横っちょにあったのだ。
朝、父と一緒に散歩に出た。八幡神社へおまいりしたあと、ついでに蜂穴神社もいこうというので「それなに?」と思いつつ、ついていくこと3分。蜂穴神社に到着した。最近、参道がすこし整備されたのだという。子供の頃からよお〜く見知っている場所だけに、その存在には驚愕した。どこに隠れてたんだ??
しかも、ここは全国で唯一(たぶん)の髪の神様で、乳児の初毛をお供えするとその子は一生美髪に恵まれるのだそうだ。私たち日本人に髪を授け、髪を守ってくださる日本最古の神様が祭神で、理容業の業祖もまつられているという。なかなかすごいではないですか。

そして小学生の頃、歩け歩け大会で登った峰山。ここは古墳群がたくさんある。
峰山の上からは高松市内が見渡せる。
山にはアスレチックなど整備された公園があるのだが、そのちょっと手前には、こんなものが。
ここから細い細い道が、薮の中を下っている。なんかすごーく下ってみたくなったのだけど、怖いのでやめておいた。あの道はどこへ続くのだろう。

そして久しぶりに大的場のあたりを通りかかり、シーサイドボール(ボーリング場)の看板をみて、うるっときた。中学の頃、必ずこのボーリング場の横を自転車で通ってともだちの家に通ったものだ。大的場もすっかり様変わりしてしまった。

西浜新町のあたりかな、この風景には心がなごんだ。海のそばにくるとすごくほっとする。
今回は、義兄の家の新築祝いにいった牟礼で、庵治石ロードというのを初めて知ったし、那須与一が的を射るために立った石というのも初めて見た。

まだまだ知らない、ふるさとの顔に出会える楽しみ。
ちょっとしたブラタモリ in 高松でした。

| 20:51 | comments(2) | trackbacks(0) | phoebe

足摺岬〜夏の思い出 1

 とうとう、広告が出てしまったので(汗。夏の思いでなぞ。
まずは、帰省したら、お墓参りでありますね。江戸時代?くらいからのお墓がいくつもあってけっこう広い墓所なので、お参りするときは手分けして、お水をかけます。
で、それが終わると恒例の讃岐うどん。
そして、今回は、足摺岬へ一泊二日の旅をしてきました。
高知までは高速で2時間半くらいだったけれど、そこから足摺岬までが長い長い。四万十川にかかる橋を渡り、まだまだ道は続きます。途中、太平洋を望める場所にて。
瀬戸内海とは色も雰囲気も別物の海ですね。
こんなかんじの水平線が見渡す限り続いています。

夕飯時近くなって、やっと足摺に到着。四国をほぼ斜めに横断した形、そりゃ時間かかりますよね。

間際に決めたため、宿泊できるところがなかなか見つからず、古い民宿に泊まったのですが、これがまたなかなかすごいところでw。エアコンは1時間100円。入れないと動きません〜〜暑さで目がさめた夜中、眠い目をこすりつつ、財布の100円を探すも見つからず。娘をおこして100円を無心し、携帯の灯りに頼りながら100円を投入。100円かかるのはよいのだけれど、3枚くらい続けて投入できる仕掛けがほしい(笑。

その民宿の近くの、足摺テルメのお風呂にはいりにいきました。うっすらと紫に染まる太平洋を眺めつつの露天風呂は至福。足摺テルメから望む夕陽。

次の日は雲行きがあやしく、土砂降りになる前に、足摺岬へと向かいました。
四国最南端。足摺岬です。
佐世保駅はJRの日本最西端の駅。そこから四国の最南端へ。思えば遠くへきたもんだ。
ぽつぽつ雨が落ち始めましたが、足摺岬のお向かいにある弘法さんゆかりのお寺へも寄りました。八十八カ所の三十八番札所、金剛福寺。
お遍路さんも、ちょっと荷物をおいて一休みかな。

本堂のまわりをぐるり取り囲む。
夏の木立の色の深さがしみますねえ。
| 21:06 | comments(2) | trackbacks(0) | phoebe