養源院から三十三間堂へーまだまだ続く国宝ラッシュ

  • 2017.12.29 Friday
  • 21:08

元気が復活、と書いて後、忙しくなるわ、風邪はひくわ。せめて年越さないうちに。

 

おいしいほうじ茶とお昼ご飯で生き返ったあと、国立博物館のすぐそばの養源院を訪ねました。

紅葉し始めた美しい庭からすぐ、入ったとたんに俵谷宗達の獅子の杉戸絵が。

ていねいな説明をいただきながら、寺内をめぐりました。

淀殿が父浅井長政追善のために建立したものが焼失、その後、妹である徳川秀忠夫人の江が伏見城の遺構を用いて再建したのが

今の建物とのこと。

伏見城落城の時、鳥居元忠など城を死守した武将たちが自刃した時の廊下の板の間を天井として用いており、

血天井として名高いそう。

天井を見ながらあそこが大将の鳥居元忠の頭で足でと説明してくださる、うわあ、ほんとだ〜〜。

この寺内が実に寒くて、凍えるような冷えがよけいにしみてくるのでした。

 

その廊下の奥の宗達の有名な白象の杉戸絵。このデザイン、曲線の大胆さ。すごいなあと実物を見てまた感じ入ったことでした。

狩野山楽の襖絵などもあり、こじんまりとしていながら見どころ多々の養源院でした。

 

 

そのお向かいの三十三間堂。こちらは20歳のころ、京都にいた友人と訪ねたことがあったのですが、まだ時間があったので久しぶりに。あの時も確か、猛烈に冷え込んでいたなあ。

 

ずらりと居並ぶ千手観音、全部で1001体。あの頃は、うわーたくさん!くらいにしか思わなかったのですが、こうやって見ると

実に様々のお顔。どれ一つとして同じものが無い。味わいがありますねえ。たくさんの中でお気に入りがいくつか見つかるとなんだかうれしくなったりして。

そして、手前に配されている風神雷神、観音二十八部衆の像。これすべて国宝。実に生き生きとしたその造形のすばらしさに見入ってしまったのでした。

 

空の色が寒そうでしょ。

まさに、国宝にまみれた秋の一日でありました。

 

みなさま良いお年を〜。

 

 

 

天草の旅

  • 2015.05.09 Saturday
  • 22:03
先日、思わぬ休みがとれたので、たまたま読んでいた小山薫堂さんの旅の記事に触発され、天草へ出かけてきました。ふだん平日休みなので混雑というものをあまり知らないわたくし。GWをちょっとなめてました。朝のんびり出かけたら口之津港でフェリー二便待ち。ようやく天草に着いて、小山さんおすすめのたなか畜産に着いたのですが、ここでも一時間待ち。まあ、これも旅の楽しみと新緑の中を悠々およぐ鯉のぼりを眺め、足下のシロツメクサの中の四葉を探し。たら、なんとすぐ四葉発見!

ようやくお昼にありついたのは2時半すぎ。しかし腹ぺこをがまんした甲斐がありました。焼き肉美味しかったです。
たなか
満腹のお腹を抱えて、二江へ移動。イルカウォッチングの船に乗り込みました。
青い空、青い海、風。それだけで気分爽快。イルカもごく近くまで寄ってきてくれ、最後には大ジャンプも披露してくれました。野生だし、えさをやるわけでもないのですがちゃんと出てきてくれるのですねえ。
その後、天草の西海岸をのんびり2時間かけて民宿へ。夕日にはちょっと早いですが、きれいでした。
宿は、一泊二食7500円という破格値で、夕食は絶品お刺身にあらかぶの煮付け、天ぷら、そこまでいただいてさすがに食べられなくなり、大きな鯛の塩焼きはいただいて持って帰りました。塩加減すばらしかったなあ。
半年分くらいの贅沢を一日で食してしまった感じですねえ。
翌日は、ひたすら陸路を走ります。天草下島から上島へ、そして天草五橋を渡り、熊本経由で帰ってきました。
下島の深海町から本渡へ向かう途中、宮岳町のかかしまつりに遭遇。これがまたとっても楽しくて素晴らしかったのです。

広場はかかし運動会。
赤組応援団長、気合いはいってます。
元PTA会長はたこ持って走り、その向こうでは審査員と来賓がわいわいがやがや。
むこうのほうでは、何か運ぶ人あり。
イノシシも出た〜〜。
おお、こちらは秋祭り、鞍馬天狗の紙芝居に子どもたち大喜び。
秋祭りの神輿行列、楽しそうじゃありませんか。
ひと日の疲れはお風呂でいやしましょう。
ほかにも、いっぱい楽しいかかしがいて、全部でどれくらいあったでしょうか。何百という数だったなあ。かかしは、町の人が一年がかりで作るそうです。元校長先生で能面を作る方が中心になって指導されているのだとか。それぞれのかかしの表情がなんともいえず生き生きしてて、見てるこちらも楽しくなってしまいました〜。きっと作ってる人も楽しんで作っているはず。そうでないとこんな楽しいかかしまつり、できませんよね。最高に楽しませていただきました。感謝!

京都の春

  • 2014.06.25 Wednesday
  • 11:02
 今さらですが、4月の京都訪問の覚え書き。ほんの数時間でしたが、なかなか濃い時間でした。

2月のメルタネンのコンサートで知り合った京都在住のLucyさんがコーディネートしてくださり、祇園の津田楼でランチをご一緒させていただいた。
その後、念願の祇園をちょこっと散策。なぜかこの辺りって歩いたことなかったのです。
枝垂れ桜がきれい。
かの有名な、吉井勇の「かにかくに」
結婚式の前撮りでしょうか。幸せそうなお二人。
枕の下を流れてたのはこのお水なんですねえ。
そして、駆け足で、宮川町の演舞場で京おどりを。
舞妓さん、芸妓さんの艶やかで華やかな舞台を堪能。ただ、その日朝4時起きで佐世保を出発したため、途中眠気におそわれてしまって(汗。
後ろ姿もかわいおすなあ。

いささか弾丸ツアー気味ではありましたが、いい日でした。
Lucyさんに感謝。

高松探訪〜夏の思い出 2

  • 2012.09.14 Friday
  • 20:51
生まれ故郷の高松の街だけれど、住人だったのは18歳までだから、ほとんど知らないに等しい。

今回、一番驚いたのは、実家から徒歩5分の蜂穴神社。こ、こんなものがあったとは。しかも子供のころの遊びまくったはずの八幡神社の、すぐ横っちょにあったのだ。
朝、父と一緒に散歩に出た。八幡神社へおまいりしたあと、ついでに蜂穴神社もいこうというので「それなに?」と思いつつ、ついていくこと3分。蜂穴神社に到着した。最近、参道がすこし整備されたのだという。子供の頃からよお〜く見知っている場所だけに、その存在には驚愕した。どこに隠れてたんだ??
しかも、ここは全国で唯一(たぶん)の髪の神様で、乳児の初毛をお供えするとその子は一生美髪に恵まれるのだそうだ。私たち日本人に髪を授け、髪を守ってくださる日本最古の神様が祭神で、理容業の業祖もまつられているという。なかなかすごいではないですか。

そして小学生の頃、歩け歩け大会で登った峰山。ここは古墳群がたくさんある。
峰山の上からは高松市内が見渡せる。
山にはアスレチックなど整備された公園があるのだが、そのちょっと手前には、こんなものが。
ここから細い細い道が、薮の中を下っている。なんかすごーく下ってみたくなったのだけど、怖いのでやめておいた。あの道はどこへ続くのだろう。

そして久しぶりに大的場のあたりを通りかかり、シーサイドボール(ボーリング場)の看板をみて、うるっときた。中学の頃、必ずこのボーリング場の横を自転車で通ってともだちの家に通ったものだ。大的場もすっかり様変わりしてしまった。

西浜新町のあたりかな、この風景には心がなごんだ。海のそばにくるとすごくほっとする。
今回は、義兄の家の新築祝いにいった牟礼で、庵治石ロードというのを初めて知ったし、那須与一が的を射るために立った石というのも初めて見た。

まだまだ知らない、ふるさとの顔に出会える楽しみ。
ちょっとしたブラタモリ in 高松でした。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

Paganini: Duos
Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Musical Soirée at Ainola
Musical Soirée at Ainola (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Heini Kärkkäinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Bach: Violin Concertos
Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

recommend

recommend

recommend

Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD]
Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD] (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Pekka Kuusisto,Tapiola Sinfonietta

recommend

Prokofiev;Violin Sonatas
Prokofiev;Violin Sonatas (JUGEMレビュー »)
Sergey Prokofiev, Ilkka Paananen, Raija Kerppo, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM