たった三つのボタンだけれど

  • 2018.10.26 Friday
  • 21:50

所用があって高松に帰ってきた。実家の母の病院での検査がちょうどあって、送迎したりあれこれ話をしたり。

やはり、父が亡くなってからまだ半年。その不在の大きさがとてもこたえているようで、せめてもの親孝行と時間いっぱいいろんな

話をする。女同士のおしゃべりって尽きないのですねえ(笑。

母がずっと自作の短歌を書きつけているノートを見せてくれて、すごいねえ、とめくっていたら、最後のページに私が昔作った詩が書きつけてあった。詩誌に投稿して、すいせん詩に掲載してもらった詩だが、その冊子をなくしてしまい、なんとかその詩を調べられないものかと困っていたところだった。なんとなんと!ほんとにうれしかった。母というのはありがたいものでありますね。

 

幼稚園へ通い始めた年の息子とのひとこま。幼稚園へと続く並木の美しさ、なつかしい。

今はボタンにも給食?にも苦労しなくなっただろうけれど、遠くからエールを送っている、わたしもまた、母なのでした。

 

    たった三つのボタンだけれど

 

  たった三つのボタンだけれど

  君は毎朝苦労するよね

  幼稚園の制服はお姉ちゃんのおさがりで

  ひと夏すぎると急に窮屈になった

 

  ボタンをかけている間

  大きなボタンとボタンホールを交互に見較べ

  真剣なまなざしをしている

  かけ違ったらまたやり直そうよ

  

  おかあさんなど 今までいくつのボタンをかけ違えたか

  人生手帳 なんていうのがあったら

  きっとまちがいの×で真っ黒だね

  

  制服を着終えると

  「今日も給食ある?」

  「もちろん」

 

  考えこむように俯く君の手をひいて欅並木を歩いてゆく

  半分過ぎたころ「やっぱり給食全部食べる!」と歩を早める

  たとえコップ袋にパンのかけらが残ってても片目つむってあげよう

  人生4年生の奮闘に敬意を表して

  (×だらけのおかあさんからで悪いけど)

  ちいさなはなまるさしあげます

  

 

Nothig gold can stay

  • 2009.01.26 Monday
  • 22:01

オバマ氏が大統領に就任し、オバマさんと同い年だったわたしが昨日ひとつ年をとり(笑、その昨日はみごとに真っ白な雪の一日となりました。佐世保でこんなに雪が積もるのは珍しいことのようです。台所の窓から見渡す雑木林も綿帽子。
ゆき

朝、台所に立つと朝日に映える雑木林がとてもきれいなのです。ことに冬になると光りが斜めに射すせいか、夕陽のようなとろ〜っとした濃い陽ざしになります。さざんかやうずたかく積もった枯葉に、はちみつのようにこぼれる冬の朝日。あまりにきれいで手をとめて見ほれることしばし。でも、ほんとにその色は束の間で、すぐふつうに変わってしまいます。

それを見た時に、ロバート・フロストの『Notihg gold can stay』という詩を思い出して、ああ、あの詩はこういう感じなのかもしれないなぁ、と。

Nothing gold can stay

 

Nature’s first green is gold,

Her hardest hue to hold.

Her early leaf’s a flower;

But only s an hour.

Then leaf subsides to leaf.

So Eden sank to grief,

So dawn goes down to day.

Nothing gold can stay.


1961年の1月20日、ジョン・F・ケネディの大統領就任式で、ロバート・フロストはスピーチをしてるんですね。そして二年後の1月29日に88歳で没しています。

『alone』

  • 2008.09.09 Tuesday
  • 21:31
Bill Evans Alone
Bill Evans Alone
Bill Evans

どうもこちらへ来てから、体調が良くない。元々虚弱(?)で、がんばりの利かない体質に拍車がかかってしまい仕事をこなすのが精一杯の日が続く。そのせいか風邪をひいててもよくわかんない(笑。リンパ節が腫れて痛くなって、頭も痛くなって、ありゃ、これは風邪?とようやく思いいたる。朝方寒くて目が覚める、というのを繰り返したせいかもしれない。みなさまも季節の変わり目お気をつけください。

こんな夜はピアノソロを聴きながらぼぉーっとすごすのがいい。いただいたこのCD、なんど聴いたことだろう。一曲目「Here's that rainy day」を聴くと、車窓を流れる雨の街の情景が思い出される。

 『虻』  辻征夫

 眼を閉じていても
 きみがきたのはわかる
 静かに 耳もとで囁くからだ
 (なにをしているの?)
 雨を聴いているんだ
 たくさんの水滴がすこし斜めの直線になって
 木々の葉や舗石に落ちる音を聴いている
 はるかな高みからきたものが
 この地上の事物に出会って発する音響
 はまるでひとのないめんのざわめきのようだ
 (ざわざわざわざわ ざわざわざわざわって
  風や水のながれのような音がしているのね)
 そうかもしれない けれど
 不思議だ
 きみの声だけを聴いていると
 かって少女の頃にぼくから去った
 いとけないものがもどってきて
 そばにいるようなきがする
 きみが
 雨のひとつぶ あるいは虻みたいな
 妖精だなんて思えない
 (眼をあけてごらんなさい)
 いやだ 雨がやむまで
 眼はあけない


さて、というわけで、眠るのがいちばんの薬、かな。

JUGEMテーマ:音楽


一週間とサバ

  • 2008.06.25 Wednesday
  • 23:24
てゅらてゅらてゅらてゅらてゅら、てゅららぁーーー♪あ、数たりない?(笑。というわけで一週間。いろんなことがありました。

☆抜歯 
初めての歯医者にいき、レントゲンを撮る。「いきなりで悪いですが抜きます」「ひえぇ〜〜抜くんですか、はい」と抜歯(TT)。とてもていねいな説明で大納得したものの、また一本、さようなら〜〜〜。

☆蛍
初めてみた、蛍。裏の楓の木の繁みで、ひとつだけ明滅する光のけなげさにうたれる。ほんとに感動。ひさしぶりに心が震えて、泣きそうになった。

☆鍼
こちらへきて最初に探したのが近所の整骨院。「火曜日は鍼もやってますがいかが?」と言われ、してもらう。肩と腰と足(全身じゃん)。「お客さん、張ってますねぇ」ハイ、おつかれです(TT)。

そうしながらも、ミニコンポが元気に戻ってきてくれて。図書館で借りた『ウンベルト・サバ詩集』をめくりながら、バッハを聴いたりする休日の夜のやすらぎをかみしめております。

 石と霧のあいだで、ぼくは
 休暇を愉しむ。大聖堂の
 広場に来てほっとする。星の
 かわりに
 夜ごと、ことばに灯がともる。
 生きることほど、
 人生の疲れを癒してくれるものは、ない。


       「三つの都市― 1 ミラノ」 詩集『ことば』より 須賀敦子訳

明日から、また仕事がんばろ。

JUGEMテーマ:読書


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

Paganini: Duos
Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Musical Soirée at Ainola
Musical Soirée at Ainola (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Heini Kärkkäinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Bach: Violin Concertos
Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

recommend

recommend

recommend

Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD]
Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD] (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Pekka Kuusisto,Tapiola Sinfonietta

recommend

Prokofiev;Violin Sonatas
Prokofiev;Violin Sonatas (JUGEMレビュー »)
Sergey Prokofiev, Ilkka Paananen, Raija Kerppo, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM