鮫ではなく、サバだった?

  • 2018.10.01 Monday
  • 22:18

世の中は未知のものであふれている。まだ読んだことのない本、観たことのないもの、行ったことのない土地、知らない文化。それを思うとソワソワしてしまう性格ゆえ、一度読んだ本や映画なんかはよほどのことがない限り、それきりになってしまう。本を読むのもそれほど早くないし、時間が有り余っているわけでもない。

 

そういう性格の私を大昔ある女性が「○○さんは、鮫みたいね、鮫って泳いでないと死ぬらしいわよ」とおっしゃった。それ以来、私は鮫、なのである。そう思い込んでいた。好奇心の赴くまま「鮫しま〜す」と泳いできた(このごろはちょっと失速中)。しかし。

 

先日カンボジアの監督として初采配をしたあとの本田選手のインタビューで「僕は回遊魚だから止まらない」といったようなフレーズが出てきた。スケール感は、象とありんこくらいに違うが、お仲間だわ〜と嬉しくなったのも束の間、ん?回遊魚も止まると死ぬの?なぜ鮫じゃないの?という疑問がふつふつと沸いてくる。

 

たまたまその時に、近くに海洋生物のスペシャリストがおられたのでその疑問をぶつけたら、鮫の中でも外洋を泳ぐ種類は止まると死ぬらしいが、あてはまらない鮫もいるらしい。進化がどうのとかいろいろ詳細に説明してくれたが、その部分はよくわからなかったので(;^_^A端折ります。で、回遊魚ってどんな魚を言うんですか?と尋ねたら「サバとか、カツオとか、マグロとかですかね」とのこと。

 

えええ?じゃあ「鮫しま〜す」は正しくは「サバしま〜す」とか「カツオしま〜す」と言われねばならなかったのか。いい出汁とれそうだけど、語感が今いちだなあ、とほほ。

 

とりあえず「回遊魚しま〜す」と言い換えてみようか。が、しかし回遊魚でも止まったら死ぬ(鰓を自分で動かせない種類)ものと、そうでないものといるらしい。どこまでも正確を期そうとすると、なかなか厄介かも(;^_^A

 

まあ、そんな、ある種の鮫ならびにある種の回遊魚的な私がこのごろ、珍しく再読、再鑑賞をした本や映画のお話は、また、次回。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

砂の美術館ーアメリカ編ー

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 23:08

JUGEMテーマ:アート・デザイン

鳥取に来てあと2か月くらいで2年になります。早いなあ。鳥取、砂丘があること以外何も知らないままに来ました。

来てまず思ったのは、とにかく自然の風景の美しさ。『ふるさと』という曲の作曲者は鳥取の方だそうです。あの歌に歌われるふるさとの風景は、まさにここのことを言うのではないかと。

 

春には桜が咲く川辺に菜の花の黄色、そして輝くような豊かな緑があふれます。ちょっと郊外へ車を走らせれば、梨畑、ブドウ畑、柿畑、もちろん水田も。海に行けば、エメラルドグリーンに広がる日本海。雄大に寄せる波にサーファーもたくさん。岩美町の山陰ジオパークには、美しい岩々がちりばめられた海岸線が続き、透明度抜群のきれいな海が広がっています。

 

食べるものも実に豊富で、カニやハタハタの海の幸はもちろん、野菜、果物、お米、どれも年中豊富です。

ただし、冬はなんていうか文字通りの骨身にしみる寒さ、今年は一時大変な雪に閉ざされました。夏は38度越えという猛烈な暑さ!今年はきついです〜。まだ8月入ったところなのに、もうへろへろです。

 

鳥取といえば砂丘だけれど、一度行ったきりで、しかも入る道を間違えて、馬の背とかまったく行かずに砂をみただけ(笑。その後もあまり行きたくならず(なんせ、砂しかないんですもの)。しかし、先日客人があり、初めて砂の美術館をご案内しました。この砂の美術館、作品がとっても立派!一見の価値ありですね。毎年テーマが変わり、今年は「アメリカ」。

アメリカといえば、っていう図ですね。

この疾走感の表現がすごい!

そして、これもアメリカと言えば。

砂と水だけで作ってあるというのが信じがたい出来栄えです。固めてから掘るのかしら、だとしたらやりなおしは利かないのですねえ。すごい。砂遊びで、山作ってトンネル掘って喜ぶのがせいぜいだった自分を思うとどれだけ根気がいるのやら。想像を絶する、壮大で美しい砂遊びですね。世界中から砂像づくりのアーティストが来て制作しているので、自分のお気に入りアーティストを見つけるのも楽しいかも。年末までやっていますから、ぜひ鳥取へおいでの際はお立ちよりを。

 

 

 

検索キーワード

  • 2015.04.16 Thursday
  • 21:09
すっかりブログを放置してしまっていると、文章を書くのにも四苦八苦。 Into the Woodsの感想書くのにえらく時間がかかってしまいました。やはり何でも続けなきゃいけませんねえ。昨年iPhoneにしたとき、Facebookとかへの投稿もしやすくなるなあ、と思ったのですが、なぜかiPhoneにしてからのほうが、投稿しなくなってしまった(笑。

で、たまにアクセスログの検索キーワードを見ると、必ず上位にあるのが「肩ひねると痛い」とか「筋肉 癒着 はがす」。いつもそれを見ては一人苦笑い。思い出しただけで冷や汗がでる「痛〜〜〜〜〜い」記事を皆さん読んでくださっているのですね。五十肩でお悩みの方の役にたつといいのですが。実は左肩のあと右肩もやりまして。左肩をはがしてくれたおじいちゃん先生はその間にお亡くなりになり、右肩は息子さんがはがしてくれました。もちろんお父さんだろうが息子さんだろうが、めっちゃ痛いことに変わりありません(涙。前かがみになってるみなさま、肩甲骨をよーく動かして、肩の可動域をしっかり確保してくださいね。





ホタルの光、窓の雪

  • 2014.06.25 Wednesday
  • 11:13
 6月もなかばのある夜、誘われて、柚木の里というところのホタル祭にいってきました。車で走ること30分くらい。あたりは真っ暗で道ばたに駐車できるスペースがあるのみ。携帯で足下を照らしてもらいながら川音のするほうへ降りていくと、もうすでに息をのむような幻想的な光景が。

真っ暗闇に響く川音。そのむこうの黒々とした山かげいっぱいに広がるホタルの光の明滅!これは現実?ホタルの光は、あるときは右から左へとウエーブするように光り、あるときは同時に明滅を繰り返す。8人くらいでにぎやかに出かけたのだけど、うわーっという歓声のあとはみなしばし言葉を失い、ただただその光景に見入ってしまったのでした。

だんだん闇に目が慣れて川にかかっている橋に移動したり、川縁の芝に腰をおろしたり。ひとりの女の子の近くにホタルが飛んできたときには、彼女が差し出した手の平の上で緑色に光るホタルに、うわ〜、ティンカーベルだぁ!と、珍しくメルヘンなわたくし(笑。

ホタルの光は神秘的で幽かな光だけれど、真正の闇のなかでは実にしっかりと光るのだなあと思う。「ホタルの光、窓の雪」と歌われた繊細な感覚をすこし味わえたかも。

それだけに、写真を撮ろうとする人たちの携帯のフラッシュや、車のヘッドライトがすごく乱暴なものに感じられた。ちょっとした人工的光が闇と風情をあっという間に壊してしまう。自分たちも車がなければここへ来られないし、明かりがなければ足下すら見えないのだけれどねえ。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

Paganini: Duos
Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Musical Soirée at Ainola
Musical Soirée at Ainola (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Heini Kärkkäinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Bach: Violin Concertos
Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

recommend

recommend

recommend

Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD]
Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD] (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Pekka Kuusisto,Tapiola Sinfonietta

recommend

Prokofiev;Violin Sonatas
Prokofiev;Violin Sonatas (JUGEMレビュー »)
Sergey Prokofiev, Ilkka Paananen, Raija Kerppo, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM