Blue lagoon

Phoebe's music life
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

砂の美術館ーアメリカ編ー

JUGEMテーマ:アート・デザイン

鳥取に来てあと2か月くらいで2年になります。早いなあ。鳥取、砂丘があること以外何も知らないままに来ました。

来てまず思ったのは、とにかく自然の風景の美しさ。『ふるさと』という曲の作曲者は鳥取の方だそうです。あの歌に歌われるふるさとの風景は、まさにここのことを言うのではないかと。

 

春には桜が咲く川辺に菜の花の黄色、そして輝くような豊かな緑があふれます。ちょっと郊外へ車を走らせれば、梨畑、ブドウ畑、柿畑、もちろん水田も。海に行けば、エメラルドグリーンに広がる日本海。雄大に寄せる波にサーファーもたくさん。岩美町の山陰ジオパークには、美しい岩々がちりばめられた海岸線が続き、透明度抜群のきれいな海が広がっています。

 

食べるものも実に豊富で、カニやハタハタの海の幸はもちろん、野菜、果物、お米、どれも年中豊富です。

ただし、冬はなんていうか文字通りの骨身にしみる寒さ、今年は一時大変な雪に閉ざされました。夏は38度越えという猛烈な暑さ!今年はきついです〜。まだ8月入ったところなのに、もうへろへろです。

 

鳥取といえば砂丘だけれど、一度行ったきりで、しかも入る道を間違えて、馬の背とかまったく行かずに砂をみただけ(笑。その後もあまり行きたくならず(なんせ、砂しかないんですもの)。しかし、先日客人があり、初めて砂の美術館をご案内しました。この砂の美術館、作品がとっても立派!一見の価値ありですね。毎年テーマが変わり、今年は「アメリカ」。

アメリカといえば、っていう図ですね。

この疾走感の表現がすごい!

そして、これもアメリカと言えば。

砂と水だけで作ってあるというのが信じがたい出来栄えです。固めてから掘るのかしら、だとしたらやりなおしは利かないのですねえ。すごい。砂遊びで、山作ってトンネル掘って喜ぶのがせいぜいだった自分を思うとどれだけ根気がいるのやら。想像を絶する、壮大で美しい砂遊びですね。世界中から砂像づくりのアーティストが来て制作しているので、自分のお気に入りアーティストを見つけるのも楽しいかも。年末までやっていますから、ぜひ鳥取へおいでの際はお立ちよりを。

 

 

 

よもやま話 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

検索キーワード

すっかりブログを放置してしまっていると、文章を書くのにも四苦八苦。 Into the Woodsの感想書くのにえらく時間がかかってしまいました。やはり何でも続けなきゃいけませんねえ。昨年iPhoneにしたとき、Facebookとかへの投稿もしやすくなるなあ、と思ったのですが、なぜかiPhoneにしてからのほうが、投稿しなくなってしまった(笑。

で、たまにアクセスログの検索キーワードを見ると、必ず上位にあるのが「肩ひねると痛い」とか「筋肉 癒着 はがす」。いつもそれを見ては一人苦笑い。思い出しただけで冷や汗がでる「痛〜〜〜〜〜い」記事を皆さん読んでくださっているのですね。五十肩でお悩みの方の役にたつといいのですが。実は左肩のあと右肩もやりまして。左肩をはがしてくれたおじいちゃん先生はその間にお亡くなりになり、右肩は息子さんがはがしてくれました。もちろんお父さんだろうが息子さんだろうが、めっちゃ痛いことに変わりありません(涙。前かがみになってるみなさま、肩甲骨をよーく動かして、肩の可動域をしっかり確保してくださいね。





よもやま話 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

ホタルの光、窓の雪

 6月もなかばのある夜、誘われて、柚木の里というところのホタル祭にいってきました。車で走ること30分くらい。あたりは真っ暗で道ばたに駐車できるスペースがあるのみ。携帯で足下を照らしてもらいながら川音のするほうへ降りていくと、もうすでに息をのむような幻想的な光景が。

真っ暗闇に響く川音。そのむこうの黒々とした山かげいっぱいに広がるホタルの光の明滅!これは現実?ホタルの光は、あるときは右から左へとウエーブするように光り、あるときは同時に明滅を繰り返す。8人くらいでにぎやかに出かけたのだけど、うわーっという歓声のあとはみなしばし言葉を失い、ただただその光景に見入ってしまったのでした。

だんだん闇に目が慣れて川にかかっている橋に移動したり、川縁の芝に腰をおろしたり。ひとりの女の子の近くにホタルが飛んできたときには、彼女が差し出した手の平の上で緑色に光るホタルに、うわ〜、ティンカーベルだぁ!と、珍しくメルヘンなわたくし(笑。

ホタルの光は神秘的で幽かな光だけれど、真正の闇のなかでは実にしっかりと光るのだなあと思う。「ホタルの光、窓の雪」と歌われた繊細な感覚をすこし味わえたかも。

それだけに、写真を撮ろうとする人たちの携帯のフラッシュや、車のヘッドライトがすごく乱暴なものに感じられた。ちょっとした人工的光が闇と風情をあっという間に壊してしまう。自分たちも車がなければここへ来られないし、明かりがなければ足下すら見えないのだけれどねえ。
よもやま話 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

ネイル

人生初というのは何歳になってもあるもので、今年の誕生日になんちゃらネイルというのを子供たちがプレゼントしてくれた。娘の友達が自宅で格安でしてくれるのだそうな。

お約束の冬休み初日、博多行きのバスに乗り遅れ、四国高松に夜8時すぎに着いてから娘の車に乗って友人宅へ。なんとネイルし終わったのは夜中11時。お友達、ごめんねー。お友達も疲れたと思うが、私も疲労困憊して次の日から帯状疱疹を発症。やれやれ。

今更、このごっつい手の爪に何やら描いたりキラキラするものをつけたからといってどうなるのか、と最初は拒否モードだったのだけど「なんでも経験してみるのが大事」という説得力ある娘の言葉に「それもそうだ」(と思ってしまう弱いわたし)とやってみたら、存外これが面白かった!

ご友人、ネイルの大ベテランらしく、美しい花の形に色を塗ったかと思いきや、極細のゴールドラインで花びらの形を見事にいれていく。わくわく。自分がしてもらうのもいいけど、絵好きなわたしとしては、ネイルアートを描いてみたくてたまらなくなってしまった。

とてもきれいに丈夫に仕上げていただいて、一ヶ月さんざん水仕事しても、まったく損傷なし。しかし、爪が伸びてきたのでとらなきゃと思っていた頃(なぜか爪も髪も伸びるのが早いのです)たまたま、ネイリストになる勉強をしている知人のお宅へお邪魔する機会があった。「とってあげましょうか?」とのありがたいお言葉(実際はとるのにも料金が要るのだそうな)。しかも「練習させてください」と新しくすてきなネイルをほどこしてくれた。ネイルの仙人か何かおりてきてるのか?

しかしそのとき、つい遠慮して「爪を切ってください」と頼むのを忘れ、悲惨なことになっている。一ヶ月半、爪を切っていない。こんなに長い自分の爪を見るのも人生初。がらけーのボタンを押すのに苦労し、田舎まんじゅうを手で割れば爪にぎっしり小豆あん。せっせと顔にクリームを塗ろうとするのだが、その大部分は爪に埋没。今、こうしてキーボードたたくのも難儀になってきた。しかし、きれいに仕上げてもらったばかりなので、爪をきれないでいるのだ。

はやく、はやく、爪をきりたーい。


よもやま話 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe