ROSE ROSE ROSE  九十九島動植物園

  • 2011.05.19 Thursday
  • 21:01
昨日のお休み、九十九島動植物園のバラを見に行ってきました。あんまりきれいで夢中になって写真を撮りまくっているうちに、顔まっかっかに日焼けしてました、ひえ〜〜〜。
では、まいりますよ。ROSE ROSE  ROSE♫

*はまみらい 横浜開港150年記念の品種 (日本、だよね?)

はまみらい

*ブルームーン(ドイツ)きれい!青っぽいバラは弱くて育てるの大変なんだそうです。


*逆に、一番育てやすいと係の方が言われてました。ピンクパンサー。(フランス)

ピンクパンサー

*花姿が実にかわいいキャサリン・モリー(イギリス)。

キャサリンモリー

*これは大柄ではなやかなパット・オースチン(イギリス)

ぱっとおーすちん

*ア・シュロプシャー・ラッド、シュロプシャーの若者、という名前のバラも(もちろんイギリス)

らっど

*キャサリン・モリーとよく似た ジェフ・ハミルトン(イギリス)。

はみるとん

*ゴールドメダイヨン (ドイツ)

ごーるどめだいよん

*日本のバラも忘れちゃいけません 春の舞

春のまい

*そして うらら。どちらも椿に似てますね。

うらら

*つるバラの中で一番すきだった、ピエール・ドゥ・ロンサール(フランス)色が優しい。

ろんさーる

*なんとも愛らしい フラワーガール(イギリス)これもつるバラ。

ふらわーがーる

5月21日から31日まで、開園50周年大感謝祭、九十九島動植物園は開園当時の料金、なんと大人60円!子供30円で入場できるそうです。

もいちどいこうかな(笑。





ベランダオールスターズ

  • 2011.05.10 Tuesday
  • 07:30
昨秋から、転職して四国に根をおろそうと決めていた娘。この春から四国高松の実家でおばあちゃんといっしょに暮らし始めました。

先日、その引っ越しあとの荷物整理の手伝いと、あいさつまわりのためちょっとだけ高松に帰ってきました。ひさしぶりに本人の顔をみれて、ほっと一息。秋冬とダイエットしてたそうですが、輪をかけてほっそりとなっておりました。慣れるまでは大変かもなあ。

松風庵かねすえにおつとめしております。お近くのお菓子好きのかた、ごひいきに〜。全国のうまいもの市などにもいくそうですので、そのさいはのぞいてやってくださいませ。

実家の庭、広くはないのですが、義母がさまざまな植物を育てております。5月に帰るのはたぶん初めて。さまざまな花がきれいでした。よい季節です。
これは、卯の花。卯の花のにおうなんちゃら♫という歌はしっていましたが、花みたのは初めて。あふれるような白がなんともよいです。
あやめ。
藤棚も満開。

そして、ここからは、わたしが育てておりますベランダオールスターズの面々。
にょきにょき生えてきてきれいな花を咲かせたラナンキュラス。
むこうに見えるは、紫のクリスマスローズ。今年は白のクリスマスローズもたくさん花をつけました。
すこし前ですが、バラも。

ところが、ここのところの湿気で、うどんこ病が発生。今必死で薬剤散布してますが、やっぱりベランダは風とおしがよくないのだろうかと、鉢の移動を思案中。

バラはほんとにきれいだけど、難しいですねえ。いささか地味ながら丈夫なクリスマスローズがわたしの性格には合ってるのかも。しかし、難しいとまた闘志も燃えるってもんでしょうか(いや、たぶん無理……)。

フォーレの『五月に(Mai)』を聴いてるきょうは、湿度満点。さわやかな五月はいずこ。うどんこ病がどんどんはびこりそうな勢いです。やれやれ。


つつじツツジ躑躅 ときどき シバザクラ

  • 2010.04.29 Thursday
  • 09:42
 4月半ばでしたか、きれいだという評判をきいてたずねてみたら、ほんときれいでした。大村の松本つつじ園。観光目的でつくられたところではないのだそうですが、おみごと!


仕立てかたが珍しいですよね。高さ何メートルもある崖をうめつくすツツジ。


大ぶりの花とちっちゃい花と、どちらもツツジだったんですね、わたしはちっちゃいのがサツキと覚えてたんですが、サツキツツジというツツジの中の一つの種類のようです。


で、ツツジを眺めながら上っていくと、シバザクラの絨毯があらわれます。
上に寝っころがってみたかった。

シバザクラ


パッチワークみたいですね。
お弁当ひろげてる人もいましたが、まだ少々風がつめたかったです。

写真アップしながら画面ながめてると、目が痛くなりそう。
どっちかというと地味なグリーン中心の庭が好きなのですが、たまにこういうパッと鮮やかなのも、よいかも。



クリスマスローズ

  • 2010.04.12 Monday
  • 22:42
植物を枯らすのが大得意なわたしですが、数年前からクリスマスローズにはまってしまいまして、佐世保へきてからもいくつか小さい苗を購入。

一年目の冬、まったく花の気配はなく、昨年の秋ごろに植え替えしました。だいぶ成長したものの、この冬も花は咲かなさそうとあきらめムード。ところが、お天気悪いし、体調悪いし、で放置しておいた3月の下旬、ひさびさに鉢をみたらつぼみがついてるじゃありませんか〜〜!え、これ、ほんとに花???とわが目をうたがいつつも、躍り上がって喜んだのでした。

紫と白とピンクの苗だったと思うのですが、紫のみ開花。あとの二株は、やたら葉ばかり大きくなって花がつかない(笑。

それにしても、うれしいものですねえ。こんなうれしいと思わなかったです。
桜が終わるころにクリスマスってのもなんですが、はずかしそうにうつむいている花をみてやってくださいまし。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

Paganini: Duos
Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Musical Soirée at Ainola
Musical Soirée at Ainola (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Heini Kärkkäinen,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

recommend

recommend

Bach: Violin Concertos
Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

recommend

recommend

recommend

Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD]
Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD] (JUGEMレビュー »)
Jean Sibelius,Pekka Kuusisto,Tapiola Sinfonietta

recommend

Prokofiev;Violin Sonatas
Prokofiev;Violin Sonatas (JUGEMレビュー »)
Sergey Prokofiev, Ilkka Paananen, Raija Kerppo, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM