Blue lagoon

Phoebe's music life
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

『ガーンジー島の読書会』メアリー・アン・シェーファー、アニー・バロウズ

メアリー・アン・シェイファー,アニー・バロウズ

メアリー・アン・シェイファー,アニー・バロウズ

 木曽さんちで紹介されていて読みたいなあと思っていた『ガーンジー島の読書会』を読了。

第二次世界大戦後のロンドンで、名前が売れ始めた女流作家ジュリエットが主人公。偶然、彼女の蔵書であったチャールズ・ラムの「エリア随筆・選集」を手にした、ガーンジー島のドージー・アダムズから届いた一通の手紙。そこから、ジュリエットとガーンジーの島の人々、そしてもう一人の主人公とも言えるエリザベスの物語が始まる。大戦時、ドイツ軍に占領されていたガーンジーの人々の苦難、自由な精神でそれに立ち向かおうとしたエリザベス。そのほとんどが書簡という形で描かれていく。

書簡なのでとても読みやすく生き生きとしていて、一気に読むことができた。占領下での悲惨な状況やつらい別れ、収容所での様子が描かれている箇所では胸が詰まるけれど、島の読書会の個性豊かなメンバーや、美しい自然、そしてジュリエットの親友ソフィーとその兄シドニー(仕事のパートナー)との愛情やユーモアあふれるやりとりに、時折くすっと笑いながら、最後はとても幸せな気持ちで本を閉じることができる。

「私が読書を愛するのは、それがあるからです。本の中で、ある小さなことが読み手の心を捉えると、その興味がべつの本へと読者を導き、第二の本の中の小さなできごとが、またべつの第三の本へと誘う。幾何学模様のように広がっていくのですー行き着く先はなく、ひたすら純粋な喜びのためだけに。」(ドージーにあてたジュリエットの手紙より)
 
ひたすら純粋な喜びのために、という言葉が心に響いた。作者のメアリーそのものが出ているような気がする部分だ。

衛生状態は悪く、食べるものは極端に不足、自由もない。そんな中で本を読むということ。そんな状況をとても想像できないのだけれど、そんなときだからこそ、本が人々の心を救い結びつける役割を果たしたのかもしれない。

それにしても、戦争はないに限る。自由に本を読み音楽を聴き、それを語ることができる幸せをあらためて噛みしめる。

ジュリエットの恋も大切な要素。彼女を取り巻く男性たち、とくに彼女に猛アタックをかけるアメリカの資産家のマーク・レイノルズは、なんだか憎めないキャラで(笑、映画化するとしたらこの役を誰にやってもらうか考えるだけでも、かなり楽しいかも。バラが似合う人じゃなきゃだめだな。

フランスにとても近いところにあるガーンジー島、まったく知らない場所だったけれど行ってみたくなった。イギリス王室属領だけれど、高度な自治権を有しているとのこと。主要都市の欄に「不明」って書いてあるのが渋い。

著者のメアリー・アン・シェーファーは、この本が最初で最後の著書で、完成を待たずに世を去り、姪の作家、アニー・バロウズが引き継いで完成させたとのこと。きっとすてきな人生を送った人なのだろうなあと想像する。

そして、この本を読んだあとは猛烈にお手紙が書きたくなること間違いなし。ただ、ネタと時間がないのだなあ(涙。そのうち私からわけもなく手紙が届いたりしたらきっとそれはこの本のせいです、お許しあれ(笑。


| 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

ストロベリー・アイスクリーム・ソーダ〜『夏服を着た女たち』(アーウィン・ショー、常盤新平訳)

夏の夜、風呂上がりにシュパっとビールをあけられない下戸のわたしが飲むのは、カクテル用のシロップにソーダを注いだ、なんちゃってカクテルw。ライムもよし、カシスとかピーチのシロップだととてもきれいなピンク色になる♬

そんな話をしていたときにふと「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダ」という短編を思い出して、読み返してみた、この話。主人公のエディは、ニューヨークから田舎に移ってきたらしく、しきりにニューヨークを恋しがっている。

うだるように暑い、にぎやかな街でどんな途方もない、すてきなことが起こっているやら。トラックやトロリー・カーや乳母車が行きかうなかで、どんな勇ましい手に汗にぎる冒険があることか!かすれた叫び声やおどけた声、赤いペンキを塗った店先の明るい笑い声、その店では二杯三セントでレモン・アイスを売っている。十五歳の男の子にはほんとの滋養になる飲み物だ。

そんなエディは、今夜、初めてのデートを控えて、35セントの小遣いを大切に持っている。家の中ではピアニストの卵、弟のローレンスが「一二三四五」とカーネギーホール目指してピアノの練習に余念がない。と、練習に飽きたのかローレンスがやってきて「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダが食べたいな」という。練習するときはいつもそればっかり考えてるんだ「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダが食べたいな」、しかし、デートを控えた兄は35セントの軍資金を死守せねばならない。

二人して湖に向かう。その間ローレンスは口笛でブラームスのピアノ協奏曲2番を口ずさんで、兄にうとまれるw、いやはや。湖には持ち主のわからないボートがあった。怖がる弟をけしかけて二人でボートに乗っていたとき、持ち主の農夫がすごい剣幕で二人を怒鳴りつける。農夫の息子ネ―サンはローレンスに戦いを挑むけれど、ピアニストの卵ローレンスは、指をだめにするわけにはいかない。戦えと兄にけしかけれらても、じっと立ちすくんだままだ(これまた勇気ある選択だとわたしは思うのだけど)。

くやしさのあまり涙も出ない兄弟が家にたどり着いたあと、ローレンスはドスキン手袋をはめて出てくる。二人して農夫の家へいき、逆にネーサンに戦いを挑むローレンス。二人は決闘の場、森へと消え、エディと農夫は言葉を交わす。

果たして、互いに傷を負いながらも、さっぱりとした顔のネーサンとローレンスが戻ってきた。ローレンスの片目はつぶれていたが、もうひとつの目は「きらきら輝いて、男らしい不屈な光がやどっていた」。

とつぜん、エディはローレンスをとめた。「こっちの道を行こう」と右手のほうを指さした。「でも、家はこっちのほうだよ、エディ」
「わかってるよ、町へ行こう。アイスクリーム・ソーダを食べようや」とエディは言うのだった。「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダを食べよう」

その夜のエディの初デートがどうなったかはわからない。
なんとなく、ノーマンロックウェルの絵が似合いそうなアメリカの男の子の話。






| 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

『神様のボート』と『ハレルヤ』

この記事、だいぶ前に書いてたのですが、ようやくアップ〜〜。

NHKのドラマ『神様のボート』。予告編を観て気になってたけど、結局観たのは最終回の途中からでした。映画のような雰囲気がなかなかよくて、気になって原作も読んで。冷たい水が流れていくようなひんやりした心地よさ、大人のおとぎ話のような世界、けっこう好きかも。

あらすじは、こちら

実は、ドラマで何が一番良かったかっていうと、エンディングテーマなのです。レナード・コーエンの「ハレルヤ」のカバー(このドラマでは畠山美由紀さんという方が歌っている)。この「ハレルヤ」わたしは、スサンナ&ザ・マジカルオーケストラがカバーしたものを偏愛しております(下記の「Melody Mountain」に収録)。この曲のなんとも言えない寂々とした雰囲気や静けさの中に含まれたいささかの狂気が、このドラマにおそろしくぴったり。

歌詞の意味がわかんなかったので、調べてみたら、こちらに秀逸な解釈と訳が。読んでますます選曲に脱帽。
スサンナは先だって来日してましたね。聴いてみたかった。すてきなライヴだったようです。
more >>
| 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

きみはきみのつめたい春でぼくの頬を打ったー「彼女のいる背表紙」堀江敏幸

 なんとも魅惑的なタイトルのこの本は、堀江敏幸氏が本の中で出会った印象深い《女性たち》の思い出をクロワッサン誌上で連載したもの。

以前、須賀敦子さんの文章を鉄球のようといったことがある。この堀江さんの本も読むのにすごく長い時間がかかった。しかしそのずっしり感は須賀さんのそれとは異なり、しなやかで美しい様々な色の絹糸をゆっくりゆっくり巻き付けて作った鞠のようにぽってりと重い。それは背表紙のなかにいる「彼女」たちの重みでもあるかもしれない。


彼女たちに向けられる堀江さんの目は、日だまりのようにあたたかく、繊細だ。登場する書物の国も時代も、実に多様、そしてそれを描き出す文章の切り口も実に多彩である。書物の直接の情報や引用はほんのわずかしか登場しないことも多いのだが、かえってそれが鮮烈なイメージとして記憶に残る。一冊一冊の本質をぐいっと取り出し、静かにならべてくれる、散文詩のように美しい文章。

書評などという言葉でくくってしまってはいけない本かもしれない。


それにしても、これだけの背表紙の中の彼女たちに会いにいける著者の知の奥行きの深さを想像すると、ちょっと背中がざわざわするなあ。


記憶に残る「彼女たち」の中からいくつか。


 書き抜く、筆写する、という作業が、日常から少しずつ消えていく。


と始まるのはジュリアン・グラック『異国の女に捧げる散文』(翻訳 天沢退二郎)


私がこの稀覯本を初めて披見したのは、それよりさき、パリ国立図書館の《レゼルヴ》の室でのことで、九〇度以上ひらくと壊れてしまいそうなこの小冊子ーーというよりむしろ豆本とよびたいほどの可憐な一冊を、左手でそっと開きながら、全頁、行の折り返しや分綴もそのままに書き写して帰ってきたのであった。」


稀覯本と出会って書写しているときの訳者、天沢退二郎氏の心の震えが伝わってくるようだ。書写という行為、以前に比べるとわたしもほんとにしなくなった。詩や短歌をノートに根気よく鉛筆で書き取っていく。紙の上の鉛筆から指に伝ってくるかすかな抵抗感と幸福感を思い出させてくれる。


そして、書き写されたブラックの文章


ヒヤシンスと雪崩で虎斑もようになっている四月の山の中の、何もかもキシキシと鳴る無謀な時にも道がよくわかる旅人のように。きみはきみのつめたい春でぼくの頬を打った、きみはユキノハナの溶けきった微笑みでぼくをときほぐした、きみはまるで氷の聖像たちの指に直かに咲いた災いの花のようにぼくの用心深さを突き抜けて行く

        from「きみはきみのつめたい春でぼくの頬を打った」




モンゴルの作家、エルデネバティン・オヨンの短編「郵便配達ツェルマー」

仲間から「うぐいす」というあだ名をもらっている、18歳の新人郵便配達人の彼女。


彼女が、夏、薄いスカーフを頭に巻いて風に向かって行くのは、白い蝶さながらだった。冬、自転車に乗るのをやめて、錦で縁取りした小羊の毛が裏についた青い木綿のモンゴル服を着て、頬を赤く染め、相変わらず嬉しそうにほほえみながら、白い小羊の毛の帽子の耳おおいをしないではためかせて行くのを見ると、冬にも喜び舞う蝶がいるのかと思いたくなるほどだった。


自分の届ける手紙がどれも嬉しい知らせであるよう願う愛らしい彼女が緑豊かなモンゴルの地を駆け抜けていく映像が目に浮かぶようだ。

                    from 「冬にも喜び舞う蝶がいるのか」




そして最後の「更級日記」


和紙と墨が、はるかな過去の、大気のにおいを、草いきれを、香のかおりを、筆を持った女性の理知を、平凡を通したことで生まれた愛すべき非凡を、また、そのなかで流した涙の数と笑みを、すべて伝えてくれる。

       from「平凡のなかの非凡、もしくは背表紙のない彼女」



きらめくような輝きに満ちたフレーズがぎっしりのこの本、あらゆるところでぐっと胸に迫るものがあったが、この一節にはほんとに泣かされた「平凡を通したことで生まれた愛すべき非凡」菅原孝標女がこれを読んだなら、思うようにはならなかった人生を心底愛おしく感じ、涙を流すのではないかしら。千年近い時を隔てた今、彼女を深く理解する人の存在。これを愛と呼ばずしてなんといおう、などとくさい科白のひとつも言いたくなる。


レビュアーとして登場されていた「週刊ブックレビュー」が終わって、堀江さんの話が聞けなくてとてもさびしかったけれど、この書物を通しての深い心の交歓の軌跡がつまった稀有な本をこれからも近くにおいて大切に読み返そう。新たな感動をその美しい散文の中に発見する楽しみのために。


| 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe