スポンサーサイト

  • 2019.08.05 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『Kom Live』 サムリ・ミッコネン

    • 2006.11.14 Tuesday
    • 21:59
    サムリ・ミッコネン
    以前、サムリ・ミッコネンで暑気払いしてます、なんて書いた日記にTB頂きました。
    フィンランドのジャズピアニスト、サムリ・ミッコネンが、Pekka Pylkkanen's Tube Factory のメンバーとして来日するそうです。(聴きたいっ!←むり…)

    Pekka Pykllanen's Tube Factory from フィンランド
    ペッカ・ピルカネン(Sax,Fl)サムリ・ミッコネン(P,Key)ラッセ・リントグレン(B,G)アンドレ・スメリウス(Ds)
    11月 25 日 (土)19:00 開場 19:30 開演
    11月 26 日 (日)18:30 開場 19:00 開演
    場所は Pit Inn
     →Pit Inn ライヴ・スケジュール
    こちらのブログ に詳しいメンバー紹介が。
    わたしはサムリ・ミッコネンしか知りませんが、このジャズグループを率いるペッカ・ピルカネンも、シベリウスアカデミーの卒業生なんですね。
    フィンランドのユヴァスキュラで生まれたサムリ・ミッコネン、7歳でピアノとヴァイオリンの演奏の基礎を終え、もシベリウスアカデミー(ジャズ学部)で学んだというのですから、すごいです。

    kom live

    SMCD-2 サムリ・ミッコネン − コム・ライヴ (Kom * Live)
     Murehista muovaeltu (悲しみから生まれ) Sediment (堆積物)
     1000 days left (残り1000日)
     Noli Me Tangere Livin' my life (みずからの生を)
      サムリ・ミッコネン (ピアノ)
      アンデシュ・ヨルミン (ベース)
      アウドゥン・クライヴェ (ドラムズ)
      [録音 1998年12月5日 KOM 劇場 (ヘルシンキ)]

    わたしは、この1枚のアルバムでサムリを知るのみ、です。が、この冒頭のピアノを聴いただけで、彼のピアノに恋をしました。音はあくまでも透明でクールだけれど、実にあったかい和音。暖炉の前でまどろみながら、舌の上で溶ける極上シャーベットを味わう気分。まさに北欧の音です。

    魅了された1曲目「Murehista Muobaeltu」(ミッコネン)もすてきですし、3曲目の「1000 Days Left」(ヨルミン)の冒頭の和音にもほれぼれ。静かな雪の夜、どこか遠いところへ連れていかれるような幻想的な音楽。

    スウェーデン出身のベース、アンデシュ・ヨルミンAnders Jormin(このアルバムでは3曲、彼の曲が聴ける)や、ノルウェー出身のドラムス、アウドゥン・クライヴェ Audun Kleiveは、ECMからCDリリースしているそうです。

    サムリ・ミッコネンは
    「中央ヨーロッパとは違う、北欧人の心から沸きあがる音楽をつくりたい」
    「北欧は、人間的にも文化的にもそれぞれの国は関連しあっている。その共通性、または、その相違点を、演奏に生かしながら、暖かい雰囲気と鋭いユーモア感覚を音楽に盛り込みたかった」とこのアルバムのポリシーを述べています。

    彼は、ほかのアルバムでは、実験的な音楽にも取り組んでいます。
    (先にご紹介したブログより「最近では "Ajan aalloilla" というプロジェクトを立ち上げ、シベリウスを含む19世紀末から20世紀初頭のフィンランドの作曲家の作品を学び演奏する中で、インプロヴィゼーションにおける「フィンランドの音」を模索している」とのこと。)

    サムリのピアノラブ♪は、わたしだけではありません。このアルバムをノルディックサウンドで試聴したピアニストの女性が(たまたま?)恋に落ちる瞬間も目撃(笑。音だけでこれほど魅了してくれるピアニストにはなかなか出会えないんじゃないかと。

    今思うと、このアルバムは、北欧ジャズへの興味の出発点だったかもしれません。トリオのアルバムとしては、いまだにこれが一番好きなんじゃないかな。

    →サムリ・ミッコネンと、彼のアルバムについて
    →サムリ・ミッコネン Website

    スポンサーサイト

    • 2019.08.05 Monday
    • 21:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Pekka Pylkkanen's Tube Factory のメンバー Samuli Mikkonen (サムリ・ミッコネン)の略歴は以下の通り。 Samuli は7才のときにピアノとヴァイオリンの勉強を始め、後にフィンランドのシベリウス音楽院ジャズ学部に学んだ。1996年に Ulf "Uffe" Krokfors (ウルフ・
      • タダならぬ音楽三昧
      • 2007/03/14 1:48 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      優しきフランス ~ フランス歌曲集 (Douce France / Anne Sofie Von Otter) (2CD) [輸入盤]
      優しきフランス ~ フランス歌曲集 (Douce France / Anne Sofie Von Otter) (2CD) [輸入盤] (JUGEMレビュー »)
      Various,ベンクト・フォルスベルク (Pf),ビョルン・ガフヴァルト (ハルモニウム),アントワーヌ・タムスティ (Va)

      recommend

      recommend

      Paganini: Duos
      Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
      Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

      recommend

      recommend

      Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
      Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
      Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

      recommend

      recommend

      Bach: Violin Concertos
      Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
      Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM