Search this site
Phoebe's music life
<< 石窯で焼く天然酵母のパン『ドリアン』 | TOP | 記憶とプレリュード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
コンチェルト・コペンハーゲン
今、Webradio(ノルウェー放送)で、CoCo(コンチェルトコペンハーゲン)の演奏を聴きながら書いてます。ほんとにすてきだぁ(^^)。

最近買ったバッハのハープシコード協奏曲集、これ、よく聴いてます。音楽監督のラース・ウルリク・モーテンセンLars Ulrik Mortensen (1955-) のハープシコードで。豊かな音色と躍動感、気持ちいいことこのうえない音楽です。

cpo 777 248-2 J・S・バッハ (1685-1750) ハープシコード協奏曲集 第2集
 ハープシコード協奏曲第4番 イ長調 BWV1055
 ハープシコード協奏曲第5番 ヘ短調 BWV1056
 ハープシコード協奏曲第6番 ヘ長調 BWV1057
 ハープシコード協奏曲第7番 ト短調 BWV1058
  ラース・ウルリク・モーテンセン (ハープシコード、指揮) 
  コンチェルト・コペンハーゲン
  
これを聴いてて、ああ、そうだーと取り出してきて聴いたのが、これ。

ハイドンの協奏曲いいですねぇ。アンスネスのピアノ演奏のCDをずっと愛聴しています。フォルテピアノでのこの演奏も、ほんと気持いい。

BIS CD1318 ヨーゼフ・ハイドン キーボード協奏曲 ニ長調 HobXVIII/11
 キーボード協奏曲 ヘ長調 HobXVIII/3 キーボード協奏曲 ヘ長調 HobXVIII/2
 キーボード協奏曲 ト長調 HobXVIII/4
 ロナルド・ブラウティハム (フォルテピアノ) コンチェルト・コペンハーゲン
  ラース・ウルリク・モーテンセン (指揮)

1月の来日公演、すごく聴きたかったけど日程があわず泣く泣く断念。また来てね。
posted by phoebe | 21:08 | CD | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:08 | - | - | - |
コメント
こんにちは。
先日、ご紹介のバッハ協奏曲第2集買ってきました。
つくば公演の会場で買った第1集と比較してもしなやかさが増しているように思いました。

バッハの協奏曲は最近また廉価盤で何種類か出たようです。brilliantレーベルのは買おうと思ってます。

ハイドンの協奏曲は残念ながら自分でCDもってませんが(図書館で借りて聴く程度)、モルテンセンが指揮した盤があるなら買おうかな。
2007/03/12 23:29 by キンキン@ダイコク堂
キンキン@ダイコク堂さん、コメントありがとうございます。つくばでCoCo、聴かれたんですよね〜!うらやましいなぁ。

廉価盤もあるのですか。このバッハも、試聴盤聴いて「なんて幸せな気持ちになれる音楽かしら〜」と思って、値段を見たらとても安くて(1700円くらいだった)二度うれしかった記憶が(笑。

ハイドン、大好きなんですよ♪すてきな演奏なので、機会がありましたら、ぜひ(^^)。
2007/03/13 17:12 by phoebe
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/340
トラックバック
2007/03/13 07:49
神の御心を忘れること、忘れたときに悔い改めない こと、これが私が最も怖れることで
音感:「音」楽の「感」動をお伝えします
2007/02/27 20:20
昨日、自炊をできるだけしようと 決意したら、まず思ったことは、 「キッチンには音
音感:「音」楽の「感」動をお伝えします