Search this site
Phoebe's music life
<< みにくいあひる?の子 | TOP | 垣根のかきねの曲がり角 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
サウンド・ストリート
 うわ、なつかしー!と思わず叫んで、さっそく聴いております。山尾さんのブログで紹介されていた、NHK青春ラジカセ。「サウンド・ストリート」ほんとよく聴いてました。これの前身?が「若いこだま」だったんでしょうか。うーん、なつかしすぎます。

渋谷陽一氏のおかげですっかりロックに目覚めた高校入学前の春。必死で聴いたものですが、なぜか手元にエアチェックテープが残っていなかったのです。

山下達郎のサウンド・ストリートはかなり録音テープが手元に残っていて、ことに、矢野顕子、坂本龍一、山下達郎の渋谷ジャンジャンでのLIVEはいまでも宝物。坂本龍一のしぶリクとかも、一部テープが残っていて、ほんとに懐かしいです。いしだあゆみあり、あがた森魚あり。ラヴェルの「マ・メール・ロア」を初めて聴いたのも、しぶリクでしたし、アラン・トゥーサンの「サザンナイト」も、これでほれ込んで、後にCDまで買ってしまいました。

鈴木英人さんのイラストも懐かしい。これを真似て、好きな曲にあわせてポスターカラーでせっせと絵を描いたりしてました。今残ってるテープのカセットレーベルも、もちろんこれです(笑↓
れーべる

わたしの下手な手がきの字をさらしてしまいすみません。なつかしさに免じておゆるしを。

この前帰省したときに、実家に残っていたカセットテープを発掘していたとき、ロッキング・オンでよく記事を拝読していた松村雄策さんがミュージシャンとして、ゲストで出ている回のテープがでてきて、おおお、と思いながら聴いてました。しかし、その曲が話題になった記憶があまりない。実際、今いちの曲でした(^^;)。あのテープ、たしか持って帰ったはずだけれど、どこにいったんだろう。
テープ音源を、今のうちに何かほかの媒体に移しておかないといけないなぁ。

最近、レコードプレイヤーを購入した友人に音を聴かせてもらって、針のぴりぴりっていうノイズに、猛烈な郷愁を覚えました。それにしても、ひさしぶりに耳にするアナログの音の豊かであったかいこと!なぜか、当時LPで聴いていたものを再発のCDで聴くと(当時聴いてたのはポップスばかりですが)、いつも「こんなんだったっけ?」とがっかりすることが多かったのは、こういうところに理由があるのかな?

それにしても当時は、ほんと擦り切れるくらい何度も何度も一枚のレコードを聴きたおしてましたねえ。エアチェックもむちゃくちゃ真剣にやってました(笑。ジャズを聴き始めたこのごろ、何かと役に立つのも、あのころ聴いたラジオでの蓄積。今も自分の根っこになってくれてるのを感じます。
posted by phoebe | 22:54 | CD | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:54 | - | - | - |
コメント
サウンドストリート、懐かしいです。渋谷陽一さんのお名前も懐かしい。私も、当時、聴いておりましたですよ。そうそう、気に入った曲がかかりそうな日は、カセットに録音したりしてね。^^

ちょっと前まで、そんなカセットテープもけっこう残っていたのですが、転居の時にあらかた処分してしまって…。今思うと、もったいなかったかな、と反省?しきりです。

小室等の音楽夜話…、なんていう番組もありましたね。。。
2008/12/21 08:46 by 遊牧亭
懐かしいですねぇ〜、ほんと。あの当時は音楽聴くっていったらラジオでしたものねぇ。エアチェックできるように、いつもテープをセットして固唾をのんでまっていました(笑。

師匠のテープもったいなかったですねぇ〜。わたしもほんと早く保存方法を考えねばなりません。

それにしても、いろんな音楽とのであいのありがたさをしみじみ思うこのごろです(^^)。

2008/12/21 22:09 by phoebe
懐古話を共有できなくてくやしいかぎりでございます。もっと早く生まれてたら、ひょっとすると夢はもっと大きかったのかな、なんて思うことも、たまにあるんですが、どうなんでしょう。なんか世の中がどんどんしぼんでいくのは、気のせいだけではないような気がするのは気のせい?
2008/12/22 00:36 by に
にしおさんとはいくつ違うんでしたっけ??たしかに、便利になり物は溢れてるけど、世の中はどんどんしぼんでいって、人間のスケールもちっちゃくなってるような。気のせいだけではないという気がします。
でも、にしおさんの夢は大きい!ですよね!

夢といえば、サロンをひらいて芸術家のパトロンやるのも、わたしの夢のひとつだったんですけど(笑。今の時勢が芸術とか文化のますますの衰退を招きそうなのが、ちょっと怖いこのごろ。
2008/12/22 21:16 by phoebe
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/493
トラックバック
2009/02/02 21:49
○NHK青春ラジカセ(NHKウェブサイト)その2 このブログで「NHK青春ラジカ
ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!