Blue lagoon

Phoebe's music life
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『愛を読む人』

先日『愛を読む人』観てきました。ひさびさの映画館。ウディ・アレンの『恋するバルセロナ』かこれか時間のあう方を観ようと出かけて・・・・・こちらに決定〜。

原作の『朗読者』を読んだのはずいぶん前だったので、うろ覚えのところも多く、ことに裁判の内容などは、ああ、そうだったそうだったと思い出しながらの鑑賞でした。あらすじはあちこちで語られているでしょうから省きまして・・・・・・。

原作とちがって、回想という形がとられ、時代がいったりきたりしますが、それもなかなか効果的。最初、ドイツなのに英語っていうので、なんとなく違和感?(どっちにしても、わかんないけど・・・・・・汗)を感じたりしてましたが、そのうち、そんなことはすっかり忘れて、物語の世界に。



ケイト・ウィンスレットはハンナの頑なな感じをうまく演じてたなぁ。最初のほう、恋をしながらも、どこかなぞを抱えているハンナの雰囲気と、一途に心を傾けるマイケルがすごくよく描かれていて。マイケルとハンナは21歳くらい離れてるっていう設定でしたっけ?でもサイクリングに出かけるシーンではあまり年の変わらないカップルに見えましたねぇ。



長じてからのマイケルを演じたレイフ・ファインズも安定感があったし、教授役のブルーノ・ガンツもさすがの存在感。でしたが、今回は、なんといっても、若き日のマイケルを演じたデヴィッド・クロス!もー、すっかりファンになってしまいました。繊細さとうちに秘めた情熱、苦悩や迷い、ときに驚き・・・・・・どれをとってもほんとにすてきな演技だったなぁ。監督がほれ込んだというのも、納得であります。これからの活躍、期待大ですね♪



‘世界が涙した’なんて言われると、絶対泣くもんか、と思ってしまう性質なんですが、後半、少年から大人になったマイケルが獄中のハンナのために朗読を吹き込むシーンはやっぱりこみあげてくるものがあって、必死でこらえたけど泣けちゃったなぁ。

唯一?不満は、年齢を重ねてからのハンナの特殊メイクです。おでこにだけ皺がよってて、不自然だったぁ〜、もうちょっとほっぺたとかほうれい線に手を加えて、ナチュラルおばあちゃんにしてほしゅうございました。

描かれている内容には、歴史の重さや個人の尊厳の問題と、実にいろんな問題が含まれているように思いますが、それについて語るほど言葉や知識を持ち合わせていないので、まだいろんな考えが頭のなかをめぐってる状態。

ただ、やっぱりハンナがそこまでして守りたかったものについて、考えがいきます。人間にとって誇りってなんだろうなぁ。誇りとかプライドはとても大切なものですが、ときにとても厄介な代物に変身するときもあるように思います。何を誇りとして守りぬくのか、何を捨てるべきなのか。

あ、そうそう最後にマイケルが会いにいく、裁判の際証言した女性役のレオ・ナリンはどこかで見た人だなぁと思ったら『ショコラ』や『カサノバ』に出てて、ラッセ・ハルストレム監督の奥様なのですね。そうかぁー。なんにせよ、もう一度、原作を読まなきゃ。
映画 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(1) | phoebe

スポンサーサイト

- | 16:56 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/536
TRACKBACK
「愛を読む人」★★★★☆オススメ ケイト・ウィンスレット 、レイフ・ファインズ 、デヴィッド・クロス 主演 スティーヴン・ダルドリー 監督、2008年、124分 、アメリカ 、ドイツ                               ★映画のブロ
「愛を読む人」高潔で気品ある囚人 | soramove | 2009/07/15 12:56 PM
<< 『パッショナータ』樫本大進 | TOP | 佐世保ご近所探訪 『喫茶ジジ』 >>