ストロベリー・アイスクリーム・ソーダ〜『夏服を着た女たち』(アーウィン・ショー、常盤新平訳)

  • 2013.07.18 Thursday
  • 20:09
夏の夜、風呂上がりにシュパっとビールをあけられない下戸のわたしが飲むのは、カクテル用のシロップにソーダを注いだ、なんちゃってカクテルw。ライムもよし、カシスとかピーチのシロップだととてもきれいなピンク色になる♬

そんな話をしていたときにふと「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダ」という短編を思い出して、読み返してみた、この話。主人公のエディは、ニューヨークから田舎に移ってきたらしく、しきりにニューヨークを恋しがっている。

うだるように暑い、にぎやかな街でどんな途方もない、すてきなことが起こっているやら。トラックやトロリー・カーや乳母車が行きかうなかで、どんな勇ましい手に汗にぎる冒険があることか!かすれた叫び声やおどけた声、赤いペンキを塗った店先の明るい笑い声、その店では二杯三セントでレモン・アイスを売っている。十五歳の男の子にはほんとの滋養になる飲み物だ。

そんなエディは、今夜、初めてのデートを控えて、35セントの小遣いを大切に持っている。家の中ではピアニストの卵、弟のローレンスが「一二三四五」とカーネギーホール目指してピアノの練習に余念がない。と、練習に飽きたのかローレンスがやってきて「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダが食べたいな」という。練習するときはいつもそればっかり考えてるんだ「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダが食べたいな」、しかし、デートを控えた兄は35セントの軍資金を死守せねばならない。

二人して湖に向かう。その間ローレンスは口笛でブラームスのピアノ協奏曲2番を口ずさんで、兄にうとまれるw、いやはや。湖には持ち主のわからないボートがあった。怖がる弟をけしかけて二人でボートに乗っていたとき、持ち主の農夫がすごい剣幕で二人を怒鳴りつける。農夫の息子ネ―サンはローレンスに戦いを挑むけれど、ピアニストの卵ローレンスは、指をだめにするわけにはいかない。戦えと兄にけしかけれらても、じっと立ちすくんだままだ(これまた勇気ある選択だとわたしは思うのだけど)。

くやしさのあまり涙も出ない兄弟が家にたどり着いたあと、ローレンスはドスキン手袋をはめて出てくる。二人して農夫の家へいき、逆にネーサンに戦いを挑むローレンス。二人は決闘の場、森へと消え、エディと農夫は言葉を交わす。

果たして、互いに傷を負いながらも、さっぱりとした顔のネーサンとローレンスが戻ってきた。ローレンスの片目はつぶれていたが、もうひとつの目は「きらきら輝いて、男らしい不屈な光がやどっていた」。

とつぜん、エディはローレンスをとめた。「こっちの道を行こう」と右手のほうを指さした。「でも、家はこっちのほうだよ、エディ」
「わかってるよ、町へ行こう。アイスクリーム・ソーダを食べようや」とエディは言うのだった。「ストロベリー・アイスクリーム・ソーダを食べよう」

その夜のエディの初デートがどうなったかはわからない。
なんとなく、ノーマンロックウェルの絵が似合いそうなアメリカの男の子の話。






スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 20:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    Paganini: Duos
    Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
    Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

    recommend

    recommend

    Musical Soirée at Ainola
    Musical Soirée at Ainola (JUGEMレビュー »)
    Jean Sibelius,Heini Kärkkäinen,Pekka Kuusisto

    recommend

    recommend

    Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
    Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
    Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

    recommend

    recommend

    Bach: Violin Concertos
    Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
    Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

    recommend

    recommend

    recommend

    Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD]
    Sibelius: Works for Violin & Orchestra [Hybrid SACD] (JUGEMレビュー »)
    Jean Sibelius,Pekka Kuusisto,Tapiola Sinfonietta

    recommend

    Prokofiev;Violin Sonatas
    Prokofiev;Violin Sonatas (JUGEMレビュー »)
    Sergey Prokofiev, Ilkka Paananen, Raija Kerppo, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM