Blue lagoon

Phoebe's music life
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

砂の美術館ーアメリカ編ー

JUGEMテーマ:アート・デザイン

鳥取に来てあと2か月くらいで2年になります。早いなあ。鳥取、砂丘があること以外何も知らないままに来ました。

来てまず思ったのは、とにかく自然の風景の美しさ。『ふるさと』という曲の作曲者は鳥取の方だそうです。あの歌に歌われるふるさとの風景は、まさにここのことを言うのではないかと。

 

春には桜が咲く川辺に菜の花の黄色、そして輝くような豊かな緑があふれます。ちょっと郊外へ車を走らせれば、梨畑、ブドウ畑、柿畑、もちろん水田も。海に行けば、エメラルドグリーンに広がる日本海。雄大に寄せる波にサーファーもたくさん。岩美町の山陰ジオパークには、美しい岩々がちりばめられた海岸線が続き、透明度抜群のきれいな海が広がっています。

 

食べるものも実に豊富で、カニやハタハタの海の幸はもちろん、野菜、果物、お米、どれも年中豊富です。

ただし、冬はなんていうか文字通りの骨身にしみる寒さ、今年は一時大変な雪に閉ざされました。夏は38度越えという猛烈な暑さ!今年はきついです〜。まだ8月入ったところなのに、もうへろへろです。

 

鳥取といえば砂丘だけれど、一度行ったきりで、しかも入る道を間違えて、馬の背とかまったく行かずに砂をみただけ(笑。その後もあまり行きたくならず(なんせ、砂しかないんですもの)。しかし、先日客人があり、初めて砂の美術館をご案内しました。この砂の美術館、作品がとっても立派!一見の価値ありですね。毎年テーマが変わり、今年は「アメリカ」。

アメリカといえば、っていう図ですね。

この疾走感の表現がすごい!

そして、これもアメリカと言えば。

砂と水だけで作ってあるというのが信じがたい出来栄えです。固めてから掘るのかしら、だとしたらやりなおしは利かないのですねえ。すごい。砂遊びで、山作ってトンネル掘って喜ぶのがせいぜいだった自分を思うとどれだけ根気がいるのやら。想像を絶する、壮大で美しい砂遊びですね。世界中から砂像づくりのアーティストが来て制作しているので、自分のお気に入りアーティストを見つけるのも楽しいかも。年末までやっていますから、ぜひ鳥取へおいでの際はお立ちよりを。

 

 

 

よもやま話 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

スポンサーサイト

- | 23:08 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/666
TRACKBACK
<< 天草の旅 | TOP |