Blue lagoon

Phoebe's music life
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

遅れてきた二都物語 その1 大阪編

もう先月になってしまいました。11月、大阪、京都で二都物語してきました。備忘録も兼ねて。

 

大阪では、グランフロント大阪で文房具専門店や本屋をのぞき、息子夫婦と久しぶりにランチ&お茶。イタリア発のボールペン専門店(万年筆などもあり)のCAMPO MARZIOというお店を見つけ、デザインの豊富さにワクワク。どうも鳥取で暮らしているとハレの場というのがほとんどないもので、その日もトレーナーにウォーキング用のスニーカーで出かけてしまって、かなりな場違い感はありつつも都会を楽しんできました(;^_^A

 

その夜は娘とザ・シンフォニーホールでの広島交響楽団のコンサートに。フィンランドの指揮者ハンヌ・リントゥ指揮で、ストラヴィンスキーの「葬送の歌」、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲1番」バルトーク「管弦楽のための協奏曲」というプログラム。

 

最初のストラヴィンスキーは聴いたことない曲で、タイトル通り暗めの曲で、早朝からバスに揺られ、歩き回った身にはいささかきつく、頭に入ってこなかったなあ、すみません。続いてのチャイコフスキーはカティア・ブニアティシヴィリがソリスト。ものすごいスピードでがんがん弾きまくってすごかった。ゴージャスなチャイコフスキー。ピアノの上を疾走するのはほんとに10本しかない人間の指なのかしら。千手観音のごとく見えました(翌日、本物の千手観音も見ることになるのですが)。

アンコールの一曲目はうってかわって静かな「月の光」、美しい響きは時に官能的でパリッシュの絵が脳裏に浮かんできたりして。(娘に言わせると)「なかなか濃い」月の光、でした。

メインはバルトーク。木管が大活躍!!金管がきれいに響いてるなあ感じる瞬間もあり。オケが生き生きとしていました。終演後、広響のフルート奏者である娘の恩師にお目にかかれたし♪ファゴット奏者の方からも少しお話を伺うことができ、よい夜となりました。さあ、明日は国宝展♪ 

コンサート | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

スポンサーサイト

- | 11:34 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/669
TRACKBACK
<< 絵本のひきだし 林明子原画展 | TOP | 遅れてきた二都物語 その2  京都国宝展 前編 >>