Blue lagoon

Phoebe's music life
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

遅れてきた二都物語 その2  京都国宝展 前編

翌日は、気合いれて京都へ。すごく混雑しているという「国宝展」。しかし作品の一覧を見ると、与謝蕪村の「夜色楼台図」が展示されているではないですか、これは見たいと一念発起。開館15分前に着いたときにはすでに会場の外まで長い列が。やっぱりかぁ〜と思いつつ並びました。加賀からいらしたというお隣のご婦人と話が弾み「すごい人ですね〜」と話していたら、後ろにいた地元の方が「私は4度目だけど今日は少ない方ですよ、すぐ入れます」とのこと。待ち時間もたいそう楽しく過ごせました。

入場すると案内の方が、順路関係なく自由にご覧くださいと言われるので、二階の絵画の展示室へまっしぐら。まだ人が少なかったのでお目当ての「夜色楼台図」をガラスにへばりついて鑑賞。墨だけでこんなに奥深い優しいあたたかい絵が描けるんだなあ、雪の夜の絵なのにこのぽかぽか感はなんだろう、じーん。作者と対話しているような気分になる絵でした。振り返ると円山応挙の「雪松図」あああ、これもすごい〜。雪を描かずして雪を出現させる技術と、スケールの大きさ!そして奥にはザッツ琳派、尾形光琳の「燕子花図屏風」。豪華この上ない色彩と素晴らしいリズム。ゴージャスすぎてぽゎーっとなってしまうような空間でした。

 

さあ、残りを見るかなとのんびり動き始めたのですが、さすがすべて国宝、他もすごかった。書き始めるときりがなくなりそうですが、まずは「平家納経」。この小さな巻物にちりばめられた豪華さは何⁉思わず、老眼鏡を取り出し、これまたガラスにへばりついて端から端まで堪能。本物のもつオーラはすごい。有名な源氏物語絵巻もあったのですが、ここは人の波に負けて、そこまで近づけませんでした、とほほ。気品あふれる源頼朝はじめ3つの肖像のすばらしいこと。そして、土偶と縄文式土器に窯変天目!ゴージャスすぎますねえ。縄文式土器や土偶に、教科書以外でお目にかかれるなんて想像もしませんでした。こういうのを見ていると時間と空間の不思議を思わずにはいられないですねえ。

 

しかし、この後まだまだ感動の出合いが待っておりました、おそるべし「国宝展」。

美術 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

スポンサーサイト

- | 19:21 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/670
TRACKBACK
<< 遅れてきた二都物語 その1 大阪編 | TOP | 遅れてきた二都物語 その3 京都国宝展 後編 >>