Search this site
Phoebe's music life
<< 大束省三先生が | TOP | 村上RADIO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『For the Stars』 Anne Sofie von Otter meets Elvis Costerllo

きっかけは古本屋で見つけた『雑文集』。そこから始まって、ここ数か月、合間にほかの作者の本をはさみつつも個人的に村上春樹祭開催中。その流れで購入した『村上ソングズ』を、パラパラめくっていましたら、大好きなアルバム『Anne Sofie von Otter meets Elvis Costello』から「This House is Empty Now」が取り上げられていて嬉しかったのでした。

バート・バカラック作曲、詞はエルヴィス・コステロが書いてるのですね。

 

“ソング・ライティング・チームの不動の相方であった作詞家ハル・デイヴィッドを失って以来、バカラックは長期にわたるスランプに陥っていたが、1998年のこのエルヴィス・コステロとのコラボレーションによって、奇跡的とも言える見事な復活を果たした”

という経緯を知ってからあらためて歌詞の日本語訳を読みつつ聴いてみると、しみじみとしてしまう。

 

ちなみにこのアルバムの中で私が一番好きなのは9曲目、フォン・オッターとコステロがDuoで歌っている「Green Song」。フォン・オッターの心が声に乗って遠く高く透明に響いていくような瞬間があって、毎回聴くたび感動するのです。

 

“ブライアン・ウィルソンやレノン=マッカトニーの隠された名曲などを取り上げており、その選曲の趣味の良さと、ナチュラルな歌心に深く感心させられる。クラシック歌手が余技としてポピュラー音楽を歌う場合に見かけられる「いかにも」という臭さがここにはまったくない。彼女は持ち前の声量を抑え、テクニックを解除し、あくまで自然体でただ淡々と歌の魂を表現する。聴けば聴くほど心に残る。まるで上質なするめのようなアルバムである”

 

うん、確かにするめです。何度聴いても聴き飽きない。カバーアルバムって、名盤が多いような気がするのは、きっとそこに愛があるからでしょうね。

 

img007 (2).jpg

JUGEMテーマ:音楽

評価:
Elvis Costello,Elvis Costello,Burt Bacharach,Ruben Blades,Cait O'Riordan,Fleshquartet,Anne Sofie von Otter,Svante Henryson,Benny Andersson
Dgg
¥ 1,335
(2001-04-09)

posted by phoebe | 22:30 | 楽曲 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:30 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/682
トラックバック