Search this site
Phoebe's music life
<< 『For the Stars』 Anne Sofie von Otter meets Elvis Costerllo | TOP | 『God Only Knows』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
村上RADIO

村上RADIO、楽しかったですね。

指折り数えたこの日がやってまいりました。今日は夕飯の片づけもさっさと済ませ、いつもの所定の椅子に座ってちっちゃなラジオをチューニング。ちょっと雑音が入ったりするけど、それも味わいのうち。ワクワクしながら8時を待ちました。

 

うーん、渋い声ですね。実はもっとソフトで端正な声を勝手に想像しておりました。割と低めでよくとおる声。セクシーですねえ。ことに語尾が。村上RADIO、という間で入る、あれもかっこよかった。

リズム感よく、時々楽しい話もまじえながらあっという間の55分でした。

高校生の時のエピソードとか、病院でのエピソードには笑ってしまいました。話、うまいなあ。それにしても、春樹さん69歳だっけ?うーん、全然思えない。っていうか、自分の年齢もまったく考えに入れて聴いてない(笑。

音楽大好きな兄貴にレコードかけてもらいながら話を聞かせてもらって「ご機嫌」な感じです。

 

最初に、好きなピアニスト、レイ・ブライアントの作った曲が登場しうれしかったのですが、その後はたまに知ったアーティストの名前は出てきたものの、知らない曲ばかりだったなあ。未知の曲に出会えるのも、ラジオならではの楽しさです。

 

ならでは、といえば、ラジオの雑音が途中大きくなってきて、あわててアンテナをいじってたらアンテナから手を離すと雑音が入っちゃう。仕方ないので、猫を抱くように膝にラジオを置いて、アンテナに手をあてたまま聴いておりました。曲名とかメモできないじゃん、と思ったら、ちゃんとこちらに書いてくれていますね。

 

聴き終えて今、思い出すと、曲やDJの入り方とか、まるで一緒に走っていたような気分がします。まさにRunSongs

ぜひぜひ一年に一度、七夕RADIOくらいのペースでもいいので、続けてほしいです。

 

 

posted by phoebe | 22:19 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:19 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/683
トラックバック