Search this site
Phoebe's music life
<< 『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』 | TOP | 『恋に落ちたシェイクスピア』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
鮫ではなく、サバだった?

世の中は未知のものであふれている。まだ読んだことのない本、観たことのないもの、行ったことのない土地、知らない文化。それを思うとソワソワしてしまう性格ゆえ、一度読んだ本や映画なんかはよほどのことがない限り、それきりになってしまう。本を読むのもそれほど早くないし、時間が有り余っているわけでもない。

 

そういう性格の私を大昔ある女性が「○○さんは、鮫みたいね、鮫って泳いでないと死ぬらしいわよ」とおっしゃった。それ以来、私は鮫、なのである。そう思い込んでいた。好奇心の赴くまま「鮫しま〜す」と泳いできた(このごろはちょっと失速中)。しかし。

 

先日カンボジアの監督として初采配をしたあとの本田選手のインタビューで「僕は回遊魚だから止まらない」といったようなフレーズが出てきた。スケール感は、象とありんこくらいに違うが、お仲間だわ〜と嬉しくなったのも束の間、ん?回遊魚も止まると死ぬの?なぜ鮫じゃないの?という疑問がふつふつと沸いてくる。

 

たまたまその時に、近くに海洋生物のスペシャリストがおられたのでその疑問をぶつけたら、鮫の中でも外洋を泳ぐ種類は止まると死ぬらしいが、あてはまらない鮫もいるらしい。進化がどうのとかいろいろ詳細に説明してくれたが、その部分はよくわからなかったので(;^_^A端折ります。で、回遊魚ってどんな魚を言うんですか?と尋ねたら「サバとか、カツオとか、マグロとかですかね」とのこと。

 

えええ?じゃあ「鮫しま〜す」は正しくは「サバしま〜す」とか「カツオしま〜す」と言われねばならなかったのか。いい出汁とれそうだけど、語感が今いちだなあ、とほほ。

 

とりあえず「回遊魚しま〜す」と言い換えてみようか。が、しかし回遊魚でも止まったら死ぬ(鰓を自分で動かせない種類)ものと、そうでないものといるらしい。どこまでも正確を期そうとすると、なかなか厄介かも(;^_^A

 

まあ、そんな、ある種の鮫ならびにある種の回遊魚的な私がこのごろ、珍しく再読、再鑑賞をした本や映画のお話は、また、次回。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

posted by phoebe | 22:18 | よもやま話 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:18 | - | - | - |
コメント
こんにちは。この記事読んで、回遊魚かぁ・・・私はマンボウかもなぁなんて、魚に例えると自分は何?と考えました(笑)
ふんわりと周りの流れに身を任せる。。。。爆
2018/10/02 09:15 by り・ほ・な
り・ほ・なさん、いつも読んでくださって、ありがとう〜(^^♪
魚に例えてみるっておもしろいですね〜。マンボウ!すてきです!
実は、ふだんの私は回遊魚というよりも、海の底にぼーっと張り付いてるカレイみたいかも(笑。
2018/10/02 20:58 by phoebe
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/688
トラックバック