Search this site
Phoebe's music life
<< 二都物語ふたたび  木屋町通、無鄰菴 | TOP | たった三つのボタンだけれど >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
二都物語ふたたび  東山魁夷展―本当の「あお」に出会う

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

今回の旅は、この東山魁夷展が主目的。この展覧会を見た友人から、ぜひ見たほうがいいと勧められ、会期終了間際に京都での鑑賞が叶った。
 

 

荷物をロッカーに預け、ゆっくり階段を上って、さあ、と入口を入った途端、目に飛び込んできたのが最初の作品「残照」。これを見た瞬間から何かこみあげてくるものがあって、涙が出てしまって参った。自分でもびっくりしたのだが、あとで図録の説明をよく読んで、これが画家が戦争前後に妻以外の身内を失いどん底にいたときに出会い、そこを抜け出すきっかけとなった一枚であることを知り、絵にこもったものが何かこちらに伝播したのだなあと納得したことだった。

 

そこから昭和36年ごろまでに描かれた「道」や「秋翳」など力のこもった風景画が続く。

 

その次は、北欧を描いた作品。「冬華」の白や「白夜」の青が印象的だったが、なんといってもフィンランドの森と湖を描いた「白夜光」の静けさには深く心打たれた。湖にうっすらとたたえられた光と深い森の静寂。しばらく世界に浸っていた。

 

そして古都を描く、と題し京都を描いた作品の数々や、ドイツ・オーストリアを描いた作品などが続く。「月篁」の月の光の表現や「春雪」のやわらかな雪の感触、「年暮る」では京都の街並みに静かに雪が降りつづく。ドイツ・オーストリアを描いた作品では、緑の鮮やかさが印象に残った。

 

白眉は唐招提寺の障壁画で、モノクロームの作品「黄山暁雲」「桂林月宵」「揚州薫風」からその風景の空気まで漂ってきそうで、ため息をつきながら、作品の世界に心遊ばせた。そしてこちらは彩色された「山雲」の雄渾な世界に目を見張り、足を進めて次の「濤声」を見て息がとまりそうになった。これは絵なんだろうか、何か、そこにほんとうに海が広がっているような気がして、しばらく茫然としてしまった。美しい海の色、今ここで動いているような波。「濤声」にふたたび涙がこぼれそうになった。

 

そのあとの作品にも「白い朝」や「秋思」などすてきな作品があったけれど、障壁画の余韻がずっと続いていた。

 

構成上、東山魁夷展を出てからほかの作家の作品が並んでいるコーナーを通って出口へ向かうのだが、どこからか「あああ、あの青がどこかへいっちゃうから、ここは見ずに早くでよう」って言っている人の声が聞こえてきて、なるほどなあと。

 

会期終了間近とあって、観覧者はとても多かったのだけれど、絵と対峙している間はそれがまったく気にならず、不思議なことに、すごく静かなところで鑑賞したような錯覚すら覚える。どこまでも、静かで透徹した、しかしあたたかな世界が広がっていた。「残照」と「白夜光」と「唐招提寺の障壁画」を間近に見ることができたことに手を合わせて感謝したいような気持になった展覧会だった。

 

現在は東京にて開催中。

posted by phoebe | 22:15 | 美術 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:15 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/692
トラックバック