Search this site
Phoebe's music life
<< パリ管弦楽団 鳥取公演 | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
手紙とか三拍子とか『ノルウェイの森』とか

2月10日の村上ラジオ「今夜はアナログナイト」で、奥さんと付き合っているときに書いた手紙の話が出てましたね。手紙を書くときのために日々の面白いできごとを書き留めておいて、その面白い話の最後にちょこっと自分の思いを書き添えるといいそうです。奥さんは3人姉妹の真ん中だそうで、いろんな人からの手紙を三姉妹で読んで、村上君のがなんといっても一番上手だというので結婚することになったとか。芸は身を助ける、というのか、そりゃうまいに決まってるじゃん!と思いつつ(笑。聞いていたのでありました。その村上君のお手紙に、いまや世界中の人が参っちゃってるわけです。

 

しかし、手紙って今はほんとに書かなくなりましたねえ。万年筆とかインクとか大好きなので、今も手紙を書きたいなあとは思うのですが、なかなか出す相手がいない。さらにいざ書こうと思うと話題に困る。面白いことを見つける(もしくはそうでもないことを面白く書く)ってけっこう大変です。

 

それに、何よりこのごろは字をたくさん書くと手が疲れて非常につらいのです。とほほ。読書日記を一人せっせとつけているのですが、夢中になって3ページくらい怒涛の勢いで書いたあとで、どっと手と腕とが痛くなる。字を書く人のための筋力トレーニング方法、とかあったら教えてほしいものです。

 

で、その手紙で思い出したのが半年くらい前に再読した『ノルウェイの森』の中でワタナベが直子に書く手紙のこと。日常を淡々と描いているのだけど、ネジを巻くというフレーズが、なんだか猛烈に切なくなって、読みながら泣けてしまったことを思い出したのです。で、今さっきそのあたりを広げて読んでみたけど、別に全然泣けません。不思議です。物語の流れの中で読んでこそ手紙の切なさが伝わってくるのかしら。

 

『ノルウェイの森』ほぼ30年!ぶりの再読でした。印象的な始まりのシーンは覚えていたのだけれど、それ以外はうろ覚えで、おかげでとても新鮮な(笑、読書でした。最初に読んだとき腑に落ちなかった部分も自分なりに納得。

 

もうひとつ、再読中にたまたま三拍子に関する記事を目にして、『ノルウェイの森』も三拍子だったなあ、と。三拍子ってどこか揺れる感じがありますよね、なんせ割り切れないわけだから。それを思いながらこの物語を俯瞰してみると、この物語は常に三角。キズキと直子とワタナベ、直子とレイコさんとワタナベ、直子と緑とワタナベ、永沢とハツミさんとワタナベ、ってな感じ。それが最後に、ワタナベから緑へとようやく一直線になる。なんてな読み方もできるなあなどと思いつつ。一冊で何度もおいしい。

 

30年前と変わらなかったのは、読後、暗い森から一歩踏み出した、そういうほの明るい感じ。これは30年前と同じ。青春の光と影でありますねえ。すべてはここから始まったんだろうなあ、と。終わりは始まり。何がどうと説明できないけれど、そういう気がしたのでした。

posted by phoebe | 14:52 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:52 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://phoebe.jugem.cc/trackback/697
トラックバック