スポンサーサイト

  • 2019.08.05 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    英国の旅 二日目 ストラトフォードアポンエイボンから湖水地方へ

    • 2019.06.30 Sunday
    • 22:41

    JUGEMテーマ:旅行

    二日目からはfujisanTravelの後藤さんが運転してくださる車で移動。

    重たいスーツケースも車に積んでいただいて、一路湖水地方を目指す。

    美しい風景を見ながら途中シェイクスピアの生家のある街、ストラトフォードアポンエイボンへ。ここも雨だったが、シェイクスピアの生まれた家を訪ねることができるなんて、と感激しきり。

    シェイクスピア生家シェイクスピアの生家

    (正面から)入り口に家紋(ペンのマーク)が
     

    家の中にはフォルスタッフそのものみたいな頭の大きな太ったおじさんが当時の装束を着て座っていて、一瞬驚いた。低くて静かな語り口は物語そのもののようで、吸い込まれるような雰囲気を持っている。ジャパンのどこから来たのか?と問われ、さすがに鳥取はご存じなかろうと思いきや「おお、島根の隣だね」と。えええ?鳥取を知ってるの?しかも島根が出てくるとは〜。京都と松江の中間くらいにあるだろう、というから驚いた。なぜご存じだったかというと、日本中をヒッチハイクして回った人の本を何度も読んだからだという。九州、北海道、四国、本州、なんて言葉が出てくるのには驚いた。

    裏からみたシェイクスピアの生家
     

    生家にあるショップで、後藤さんがすすめてくださった猫のシェイクスピアの本、何気なく買ったのだけれど、帰ってからじっくり眺めるとこれが実に味わいがあってかわいくて、すてきなのだ。シェイクスピア印(?)のインクも購入してきた。これで書いたら名作が書けたりするだろうか♪

    表紙すてきでしょ。
     

    ロメオとジュリエットの悲しい場面にも

    なんとなく安らぎが
     


     

     同じ街の古いパブにも案内してくださった。とっても雰囲気がいい。私は飲めないけれど同行の方のビールを一口飲ませてもらってその泡のおいしさに驚いた。あまり冷えてない黒っぽいビール。これはおいしい。こういうビールなら、練習すれば少しは飲めるようになるかもしれないなあ。いや、やっぱり無理かなあ。

     

     

    運転してくれた後藤さんは英国生まれの日本人だそうで日本語も完璧、ほんとうに親切な行き届いた方で、まだコインの種別がわからない私たちがサンドイッチを購入するときにも、丁寧に手伝ってくださった。その時に「あ、このコインはとっておいたほうがいいですよ」と教えてくれたのが、確かビアトリクス・ポター生誕150年記念(だったと思う)で発行されたベンジャミン・バニーの50ペンスコイン!これはとてもいい旅の記念になりました。教えていただかなければ、絶対わからなかったなあ、ほんとに感謝。

    50pence
     

    その後、猛烈な雨になったり事故渋滞もあったりで、湖水地方に入ったのは夜8時ころだったろうか。「この国は一日の中に四季があると言われていて、ころころお天気が変わります。ということは、希望もあるということです」という後藤さんの言葉どおり、あれだけ雨が降っていたのに、湖水地方に入ったところで青空が広がり、日が差し始めた。日の入りが9時半くらいだから、まだ夕方の雰囲気である。

     

    なだらかに続く緑の起伏。どこまでも果てなく見える雄大な緑の大地、そこに優しい斜めの陽ざしがさしている光景が目に飛び込んできた時には胸が熱くなった。泣きそうなくらいに美しい。百聞は一見に如かずとはこのことだと思う。車窓からだったので写真を撮るのも忘れて眺め続けていた。写真を撮っても、あの雄大さと空気感はよほどのカメラでないと伝わらないと思う。

    スポンサーサイト

    • 2019.08.05 Monday
    • 22:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      久しぶりに来てみたら、また懐かしい場所を旅されていてびっくり。25年くらい前にスコットランド行く前にちょっと寄った記憶があります。近くで紅茶飲んだり。
      ところで、音楽聴いてほろっとしたのでお伝えしておきます。シベリウス1938年作曲?の「processional」。既知かな?私はナクソスのセーゲルスタム盤でやられました。これ、いいわ。
      • 藤沢の珈琲豆屋
      • 2019/08/03 12:34 PM
      お久しぶりです、暑いですねぇ〜。ブログへのご来訪ありがとうございます。おお、この街を旅されたことがあったのですね。本好き仲間のおばちゃん4人組での英国旅、楽しかったです。
      シベリウスの曲、初めてみるタイトルです。これは聴いてみたい。情報深謝。
      • phoebe
      • 2019/08/03 2:55 PM
      早速のコメント、ありがとうございます。この曲、表示通りなら、シベリウスがほぼ作曲しなくなってからの作品ということで、その意味でも貴重かな。また、曲は最初「あ、いいな」くらいだったのに何回か聞くうち深いとこまできちゃう、というタイプです。チャンスがあれば聴いて損はないと思います。
      • 藤沢の珈琲豆屋
      • 2019/08/06 10:55 AM
      早速、聴いてみました。(アマゾンプライムミュージックのトライアル期間中だった!)ほんと、シベリウスが作曲をやめてしまっていたころの作品ということになりますね。静かに歩を進める厳かな曲は、明るさの中に、なんでしょうね、川が海へ注ぎ込むような広がりを感じます、いい曲ですね!
      • phoebe
      • 2019/08/07 9:35 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      優しきフランス ~ フランス歌曲集 (Douce France / Anne Sofie Von Otter) (2CD) [輸入盤]
      優しきフランス ~ フランス歌曲集 (Douce France / Anne Sofie Von Otter) (2CD) [輸入盤] (JUGEMレビュー »)
      Various,ベンクト・フォルスベルク (Pf),ビョルン・ガフヴァルト (ハルモニウム),アントワーヌ・タムスティ (Va)

      recommend

      recommend

      Paganini: Duos
      Paganini: Duos (JUGEMレビュー »)
      Niccolo Paganini,Ismo Eskelinen,Pekka Kuusisto

      recommend

      recommend

      Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast
      Jean Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Belshazzar's Feast (JUGEMレビュー »)
      Jean Sibelius,Leif Segerstam,Helsinki Philharmonic Orchestra,Pekka Kuusisto

      recommend

      recommend

      Bach: Violin Concertos
      Bach: Violin Concertos (JUGEMレビュー »)
      Johann Sebastian Bach, Tapiola Sinfonietta, Jaakko Kuusisto, Pekka Kuusisto

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM