Blue lagoon

Phoebe's music life
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

『ガーンジー島の読書会』メアリー・アン・シェーファー、アニー・バロウズ

メアリー・アン・シェイファー,アニー・バロウズ

メアリー・アン・シェイファー,アニー・バロウズ

 木曽さんちで紹介されていて読みたいなあと思っていた『ガーンジー島の読書会』を読了。

第二次世界大戦後のロンドンで、名前が売れ始めた女流作家ジュリエットが主人公。偶然、彼女の蔵書であったチャールズ・ラムの「エリア随筆・選集」を手にした、ガーンジー島のドージー・アダムズから届いた一通の手紙。そこから、ジュリエットとガーンジーの島の人々、そしてもう一人の主人公とも言えるエリザベスの物語が始まる。大戦時、ドイツ軍に占領されていたガーンジーの人々の苦難、自由な精神でそれに立ち向かおうとしたエリザベス。そのほとんどが書簡という形で描かれていく。

書簡なのでとても読みやすく生き生きとしていて、一気に読むことができた。占領下での悲惨な状況やつらい別れ、収容所での様子が描かれている箇所では胸が詰まるけれど、島の読書会の個性豊かなメンバーや、美しい自然、そしてジュリエットの親友ソフィーとその兄シドニー(仕事のパートナー)との愛情やユーモアあふれるやりとりに、時折くすっと笑いながら、最後はとても幸せな気持ちで本を閉じることができる。

「私が読書を愛するのは、それがあるからです。本の中で、ある小さなことが読み手の心を捉えると、その興味がべつの本へと読者を導き、第二の本の中の小さなできごとが、またべつの第三の本へと誘う。幾何学模様のように広がっていくのですー行き着く先はなく、ひたすら純粋な喜びのためだけに。」(ドージーにあてたジュリエットの手紙より)
 
ひたすら純粋な喜びのために、という言葉が心に響いた。作者のメアリーそのものが出ているような気がする部分だ。

衛生状態は悪く、食べるものは極端に不足、自由もない。そんな中で本を読むということ。そんな状況をとても想像できないのだけれど、そんなときだからこそ、本が人々の心を救い結びつける役割を果たしたのかもしれない。

それにしても、戦争はないに限る。自由に本を読み音楽を聴き、それを語ることができる幸せをあらためて噛みしめる。

ジュリエットの恋も大切な要素。彼女を取り巻く男性たち、とくに彼女に猛アタックをかけるアメリカの資産家のマーク・レイノルズは、なんだか憎めないキャラで(笑、映画化するとしたらこの役を誰にやってもらうか考えるだけでも、かなり楽しいかも。バラが似合う人じゃなきゃだめだな。

フランスにとても近いところにあるガーンジー島、まったく知らない場所だったけれど行ってみたくなった。イギリス王室属領だけれど、高度な自治権を有しているとのこと。主要都市の欄に「不明」って書いてあるのが渋い。

著者のメアリー・アン・シェーファーは、この本が最初で最後の著書で、完成を待たずに世を去り、姪の作家、アニー・バロウズが引き継いで完成させたとのこと。きっとすてきな人生を送った人なのだろうなあと想像する。

そして、この本を読んだあとは猛烈にお手紙が書きたくなること間違いなし。ただ、ネタと時間がないのだなあ(涙。そのうち私からわけもなく手紙が届いたりしたらきっとそれはこの本のせいです、お許しあれ(笑。


| 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

ホタルの光、窓の雪

 6月もなかばのある夜、誘われて、柚木の里というところのホタル祭にいってきました。車で走ること30分くらい。あたりは真っ暗で道ばたに駐車できるスペースがあるのみ。携帯で足下を照らしてもらいながら川音のするほうへ降りていくと、もうすでに息をのむような幻想的な光景が。

真っ暗闇に響く川音。そのむこうの黒々とした山かげいっぱいに広がるホタルの光の明滅!これは現実?ホタルの光は、あるときは右から左へとウエーブするように光り、あるときは同時に明滅を繰り返す。8人くらいでにぎやかに出かけたのだけど、うわーっという歓声のあとはみなしばし言葉を失い、ただただその光景に見入ってしまったのでした。

だんだん闇に目が慣れて川にかかっている橋に移動したり、川縁の芝に腰をおろしたり。ひとりの女の子の近くにホタルが飛んできたときには、彼女が差し出した手の平の上で緑色に光るホタルに、うわ〜、ティンカーベルだぁ!と、珍しくメルヘンなわたくし(笑。

ホタルの光は神秘的で幽かな光だけれど、真正の闇のなかでは実にしっかりと光るのだなあと思う。「ホタルの光、窓の雪」と歌われた繊細な感覚をすこし味わえたかも。

それだけに、写真を撮ろうとする人たちの携帯のフラッシュや、車のヘッドライトがすごく乱暴なものに感じられた。ちょっとした人工的光が闇と風情をあっという間に壊してしまう。自分たちも車がなければここへ来られないし、明かりがなければ足下すら見えないのだけれどねえ。
よもやま話 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

京都の春

 今さらですが、4月の京都訪問の覚え書き。ほんの数時間でしたが、なかなか濃い時間でした。

2月のメルタネンのコンサートで知り合った京都在住のLucyさんがコーディネートしてくださり、祇園の津田楼でランチをご一緒させていただいた。
その後、念願の祇園をちょこっと散策。なぜかこの辺りって歩いたことなかったのです。
枝垂れ桜がきれい。
かの有名な、吉井勇の「かにかくに」
結婚式の前撮りでしょうか。幸せそうなお二人。
枕の下を流れてたのはこのお水なんですねえ。
そして、駆け足で、宮川町の演舞場で京おどりを。
舞妓さん、芸妓さんの艶やかで華やかな舞台を堪能。ただ、その日朝4時起きで佐世保を出発したため、途中眠気におそわれてしまって(汗。
後ろ姿もかわいおすなあ。

いささか弾丸ツアー気味ではありましたが、いい日でした。
Lucyさんに感謝。

| 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe

ネイル

人生初というのは何歳になってもあるもので、今年の誕生日になんちゃらネイルというのを子供たちがプレゼントしてくれた。娘の友達が自宅で格安でしてくれるのだそうな。

お約束の冬休み初日、博多行きのバスに乗り遅れ、四国高松に夜8時すぎに着いてから娘の車に乗って友人宅へ。なんとネイルし終わったのは夜中11時。お友達、ごめんねー。お友達も疲れたと思うが、私も疲労困憊して次の日から帯状疱疹を発症。やれやれ。

今更、このごっつい手の爪に何やら描いたりキラキラするものをつけたからといってどうなるのか、と最初は拒否モードだったのだけど「なんでも経験してみるのが大事」という説得力ある娘の言葉に「それもそうだ」(と思ってしまう弱いわたし)とやってみたら、存外これが面白かった!

ご友人、ネイルの大ベテランらしく、美しい花の形に色を塗ったかと思いきや、極細のゴールドラインで花びらの形を見事にいれていく。わくわく。自分がしてもらうのもいいけど、絵好きなわたしとしては、ネイルアートを描いてみたくてたまらなくなってしまった。

とてもきれいに丈夫に仕上げていただいて、一ヶ月さんざん水仕事しても、まったく損傷なし。しかし、爪が伸びてきたのでとらなきゃと思っていた頃(なぜか爪も髪も伸びるのが早いのです)たまたま、ネイリストになる勉強をしている知人のお宅へお邪魔する機会があった。「とってあげましょうか?」とのありがたいお言葉(実際はとるのにも料金が要るのだそうな)。しかも「練習させてください」と新しくすてきなネイルをほどこしてくれた。ネイルの仙人か何かおりてきてるのか?

しかしそのとき、つい遠慮して「爪を切ってください」と頼むのを忘れ、悲惨なことになっている。一ヶ月半、爪を切っていない。こんなに長い自分の爪を見るのも人生初。がらけーのボタンを押すのに苦労し、田舎まんじゅうを手で割れば爪にぎっしり小豆あん。せっせと顔にクリームを塗ろうとするのだが、その大部分は爪に埋没。今、こうしてキーボードたたくのも難儀になってきた。しかし、きれいに仕上げてもらったばかりなので、爪をきれないでいるのだ。

はやく、はやく、爪をきりたーい。


よもやま話 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | phoebe